2020.07.30更新

新築でのテレビアンテナの設置方法とその工事内容

新築でのテレビアンテナの設置方法とその工事内容

これから新築の住宅を建て、テレビをどのような方法で視聴するのか迷っている方も多いと思います。従来までは、テレビを視聴するためにはオプション工事を施工して屋根にアンテナを設置する方法しかありませんでした。 しかし、現在では光回線やケーブルテレビなど、アンテナを設置しないでテレビを視聴するという選択も可能です。

アンテナも壁面に設置できるものなど、外観を損なうことなく取り付けることもできるようになりました。そこで今回は、テレビを見る方法と、新築でのアンテナの設置方法を詳しく解説していきます。是非検討材料として有効にご活用ください。

新築戸建てでテレビを視聴する方法

新築戸建てでテレビを視聴する方法

始めに、新築でテレビを見るためにはどのような選択肢があるのかを把握しましょう。現在テレビを視聴するための方法は以下の3つになります。

  • アンテナを設置する
  • インターネットの光回線を契約する
  • ケーブルテレビを契約する

テレビアンテナを設置する

最も一般的なテレビの視聴方法になります。

メリット

維持費がかからない。
壁面など屋根以外に設置できるタイプもある。

デメリット

初期費用がかかる。
災害などにより故障した場合は新しく設置が必要。その際再び費用がかかる。
天候などの影響で映りが悪くなることがある。
衛星放送は別途契約が必要。

光回線を契約する

インターネット回線を利用してテレビを見る方法です。

メリット

アンテナの設置が不要。
衛星放送が視聴できる。
通信速度が早い。
インターネット、電話、テレビで料金をまとめることができる。

デメリット

初期費用に加え、月々一定額費用がかかる。
インターネットと電話回線、テレビは同じ会社でなければ料金をまとめることができない。

ケーブルテレビと契約する

ケーブルテレビ業者と契約してチューナー、または地デジ対応テレビに接続する視聴方法になります。

メリット

アンテナの設置が必要ない。
衛星放送も視聴可能。
インターネット、電話回線と料金をまとめることができる。
チャンネル数が比較的多い

デメリット

初期費用に加え月額料金がかかる。
業者によって料金プランに違いがあり、選択が難しい。

それぞれの費用や手間の違いは?

新築住宅では、長期間に渡ってテレビを視聴すると思います。それを踏まえてそれぞれのテレビの視聴方法を比較していきたいと思います。

アンテナ

テレビアンテナの新設の際に初期費用がかかりますが、その後のメンテナンスにはほぼお金がかかりません。しかし、故障してしまったときは新しいものを設置する必要があり、その都度費用がかかります。

屋上に設置した場合は、台風などの影響を強く受け故障のリスクが高くなります。壁面アンテナなど、室内や影響を受けにくい場所に設置することで危険が回避できる可能性があります。

光回線

豊富なサービスに加え、快適なインターネット環境も得ることができるのは大きなメリットです。しかしながら、長期的なランニングコストはアンテナに比べて高くなる傾向があります。費用を少しでも抑えるためには、業者が定期的に実施しているキャンペーン中に契約し、セット料金を少しでも抑えることが大切です。

ケーブルテレビ

光回線による視聴とさほど差はありませんが、地域によっては適応されない場合があります。選ぶ際は電波の受信地域であることを確かめてから契約するのがいいでしょう。長期継続による費用は、新築住宅において光回線同様大きな負担となることが考えられます。

アンテナの設置方法

アンテナの設置方法

ここからはテレビアンテナの設置方法に入っていきます。依頼時には業者、設置場所などをしっかり選ぶ必要がありますので、ここでしっかり確認していきましょう。

アンテナ設置の業者を決める

テレビアンテナの設置を請け負う業者は豊富に存在します。そのためどのような業者を選ぶべきか迷う方も多いでしょう。業者ごとに受け付けている時間や料金体制も違いがあるため、ご自分の予算と照らし合わせて最適な業者を選ぶことが大切です。

家電量販店や近所の電気屋さんに依頼する

大手の家電量販店から、近所の電気屋さんまで依頼する業者は豊富に存在します。特徴としては、仲介手数料がかかるものの、比較的すぐに対応してくれる業者が多く、工事後のアフターサポートも充実しています。保証が充実している分、少し金額が高額になる傾向があるため多くの業者を比較するのがいいでしょう。

引っ越し屋さんのサービスを利用する

引越し業者では、電化製品の取り付けも行っている業者がありテレビアンテナの設置も受け付けている場合もあります。引越し時にセットで依頼すれば料金を抑えることも可能です。欠点としては、他の電気工事も行うため、優先的に行うことが難しいときもあります。時期によってはすぐに対応できず時間がかかることも想定しなければなりません。

アンテナ設置の専門業者を自分で探す

インターネットでアンテナの設置を専門的に行っている業者を自分で探す方法です。デザインアンテナ工事や、24時間対応など、自分の希望に合った業者をじっくり探すことが可能です。
豊富な業者が存在するため料金もそれぞれ異なります。そのため相見積りをとって比較することが大切です。

自信があるなら自分で取り付ける方法もある

アンテナの設置には、基本的に特別な資格は必要ありません。自分でテレビアンテナを購入し、設置する方もいるでしょう。しかし、適切に設置しなければ電波の受信に不具合が起きることや、高所作業であるため危険が伴うこともあります。

設置するアンテナの種類

テレビアンテナ、大きく二つの種類に分かれます。アンテナによる視聴を選択した場合、どちらを設置するべきかお悩みだと思います。ここではアンテナの種類について説明していきます。

地デジ用アンテナ

一般的な家庭で多く見られるアンテナが該当します。パイプがいくつも分かれており、バランの数で電波を拾う範囲が変化します。地デジ放送が主流となった現在では必須とも言えます。地上波放送を視聴したいとお考えであれば、始めに設置してもいいでしょう。

パラボラアンテナ

地デジ放送と衛星放送では周波数が違うためリモコンを切り替えても見ることができません。別途で円形型のパラボラアンテナの設置が必要になります。設置に関しては屋根の上以外にも、ベランダに専用のナットで固定することも可能です。

アンテナを設置する場所を決める

設置するアンテナの種類が決まったら、どこに設置するのかを決めなければなりません。ここからはどの場所に設置するのがいいのかを見ていきましょう。

屋根に設置

多くのテレビアンテナは、屋根の上など高所に設置されます。目的としては、電波を受信しやすくするためとされています。東京のスカイツリーから地デジ放送の電波が送信されているため、ある程度方角を自由に変えられる屋根に設置することは有効です。

ベランダに設置

専用の金具などでベランダに固定することも可能です。住宅の外観が気になるという方は、目立たない場所に設置することも有効です。しかし、屋根と違い設置する方向が限られるため電波の受信に問題ないことを確認しなければなりません。

壁面

昨今では、地デジ放送用のアンテナも種類が豊富になりました。従来の支柱と支線で固定するのではなく、壁面に設置することも可能です。見た目も一見アンテナとは分からないほどすっきりし、デザインアンテナとして住宅の外観を損なわずに設置することが可能です。

見えにくい場所へのアンテナ設置

アンテナは、電波受信に適した場所として屋根上に設置されることが多いです。しかし、必ずしも高所に設置しなければならないわけではなく、しっかり電波を受信できるのであれば、別の場所でも可能とされます。

アンテナ設置についての豆知識

アンテナ設置についての豆知識

ここでは、新築でテレビアンテナを設置する際に知って得する情報をお伝えします。

新築へ引っ越す前に施工をすれば快適

引越し業者に設置を依頼するのであれば、予め引っ越し前に依頼しておくのが効率的です。

新居に荷物も運ぶ作業が優先になり、その後技術者が電化製品の設置や接続をするためテレビが視聴できるまで時間がかかりがちです。先に依頼し、設置して配線も完了してもらうことで引越し後にすぐテレビを視聴することが可能です。

アンテナの保証も大事

メンテナンスに維持費がかからないのが、アンテナ設置の最大のメリットです。しかし、災害時に破損したり、強風で落下したりしてしまった場合は、新しく設置しその都度費用がかかります。

そのため専門業者に依頼する際に、アンテナ設置に関してどのような保証がついているのか確認することをおすすめします。故障しても保証が有効であるのなら、費用を大きく抑えることが可能になるためじっくり検討するのがいいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?テレビを視聴する方法は3つあり、アンテナ設置を選択した際も取り付け方法が様々にあります。以下にポイントをまとめましたので、再度確認し、今後に役立ててみてはいかがでしょうか。

  • 家電量販店や近所の電気屋さんに依頼する。
  • インターネットで優良な業者を探し、自分でコンタクトを取る
  • 引っ越し屋さんについでに依頼する

自分で設置する方法は、危険を伴うためおすすめできません。できるだけ経験が豊富なアンテナ工事のプロに依頼することをおすすめします。

テレビアンテナの取り付け・工事ならアンテナ110番にお任せ!
通話
無料
0120-949-337 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!

利用規約プライバシーポリシー

CM

メディア情報

メディア情報写真

日本経済新聞2020/2/25 掲載

「NEXT1000」5位選出 専門業者とマッチング

KBC九州朝日放送2019/5/21 放送

FOR YOU

テレビ朝日2019/5/7 放送

ワイドスクランブル

日経産業新聞2019/3/26 掲載

「困りごと解決-140種対応「アマゾン」目指す、個人同士の基盤作りも」

読売テレビ2018/9/19 放送

かんさい情報ネットten.

BSジャパン2018/8/16 放送

日経プラス10

テレビ番組や新聞に当社事業やサービスについて取り上げられました。

  • 無料お見積りの依頼
  • 無料お見積りで何するの?

選ばれる3つの理由

  • よくあるご質問
  • 新着お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 料金のご案内
  • お急ぎの方へ

即日対応可能です!お見積り後のキャンセルも可能!

24時間365日、日本全国受付対応中!通話料無料、携帯電話・PHSもOK! 0120-949-337

設置 地デジ・BS・CSのアンテナを設置したい、交換 デザインアンテナに変えたいなど、修理 映らなくなった・壊れたなど

※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積りに費用をいただく場合がございます。