2020.10.12更新

テレビアンテナの値段は種類によって違う!設置工事費用も確認しよう

テレビアンテナの値段は種類によって違う!設置工事費用も確認しよう

テレビアンテナの値段は種類によって違いがあります。アンテナは見られる番組によって大きく分けて2種類あり、多くの番組を見られるようにすれば費用は高価になるのです。そのため、自分が見たい番組が見られるアンテナを選び、相場を知ってからアンテナを設置しましょう。

このコラムでは、テレビアンテナの値段と種類をご紹介していきます。また、故障によって工事を考えている場合、自分で直せることもあるかもしれません。修理を依頼する前の確認事項もご紹介しますので、ご確認ください。

アンテナ工事・取り付けならアンテナ110番にお任せください!
通話
無料
0120-949-337 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

テレビアンテナの種類は大きく2つ

テレビアンテナは、「地上デジタル放送を見るためのアンテナ」と「BS/CS放送を見るためのアンテナ」に分かれます。

そのため、地デジとBS/CSを見ようと考えている場合は、地デジを見るためのアンテナとBS/CSを見るためのアンテナの2つを用意する必要があるのです。それぞれのアンテナについて詳しく以下で説明していきます。

地デジを見るためのアンテナ

地デジを見るためのアンテナ

地デジを見るためのアンテナには「八木式アンテナ」「デザインアンテナ」「室内アンテナ」の3つ種類があります。

・八木式アンテナ

八木式アンテナは屋根の上や屋根裏に設置するもので、魚の骨のような形をしたアンテナです。地上から3~10メートルくらいの高さに設置します。受信感度はとてもよく、費用のほかのアンテナに比べて安いです。(詳しい費用はアンテナ工事の費用へ)

しかしながら、景観を損ねてしまう、台風や積雪などで壊れてしまうことがあるなどのデメリットもあります。

・デザインアンテナ

デザインアンテナは長方形の箱型のアンテナで、屋根の上や屋根裏だけでなく、壁やベランダにも設置できるものです。室内にも設置できますが、電波を受信する感度が弱くなるため、屋外に設置することが多いでしょう。家の景観を損ねない、色が選べる、天候の影響を受けにくいなどのメリットがあります。

しかしながら、デメリットとして受信感度は八木式アンテナよりは弱いことや値段が高いことなどが挙げられます。(詳しい費用はアンテナ工事の費用へ)

・室内アンテナ

室内アンテナは、室内に設置するためのアンテナです。棚やテーブルなどに置いて使うものと壁や窓に貼り付けて使うものの2種類があります。好きな場所に置いたり貼り付けたりできること、値段が安いというのがメリットです。

しかし、受信感度はデザインアンテナよりも弱いため、電波塔の距離が遠いところや海や山間部では十分にテレビを見られないことがあります。自宅一般社団法人放送サービス高度化推進協会のホームページで受信感度を調べてみましょう。

BS/CSを見るためのアンテナ

BS/CSを見るためのアンテナは、丸いお皿のような形をしたパラボラアンテナと呼ばれるものです。円の直径の長さが長いほど受信する感度が高くなります。しかし、その分アンテナが風の影響を受けて倒れるおそれがあるというデメリットがあります。

また、4K放送を見たいのであれば4Kに対応しているアンテナを選びましょう。通常のBS/CSアンテナに比べて4K対応のBS/CSアンテナの値段は少し高いです。とはいえ今後見る機会が増えると予想した場合、最初から4K対応のアンテナにしておくほうがお得かもしれません。

ここまでアンテナの種類をご紹介しましたが、自宅の受信感度を把握していないとどれを選んだよいのか悩むかもしれません。そんなときは、業者に依頼して受信感度を調べてもらいましょう。業者であればきちんと受信できる自宅にあったアンテナを設置することが可能です。

アンテナ工事・取り付けならアンテナ110番にお任せください!
通話
無料
0120-949-337 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

アンテナ工事の費用

工事費用はテレビアンテナの値段+周辺の部品+技術料のトータルで決まります。アンテナを設置する場所や分配器、分波器などを設置するかどうかによって費用が大きく変わります。新築でアンテナ工事をおこなうときはブースターが必要なことも多いです。分配器、分波器、ブースターについての説明は以下の通りです。

・分配器
電波を均等に分けるためのものです。ひとつのアンテナを複数のテレビをつなげたい場合や、テレビ以外にブルーレイレコーダーにもつなげたい場合に使います。

・混合器
地デジとBS/CSのアンテナを設置して放送を見たい場合、それぞれのアンテナからケーブルをテレビにつなぐ必要があります。しかし建物によっては、室内へつながるケーブルが1本しかない場合もあるでしょう。そのような場合には混合器を使えば、種類の違う電波をひとつにまとめ、1本のケーブルで室内へ送ることができるのです。

・分波器
混合器でひとつにまとめた電波を、ふたたび種類ごとに分けるのが分波器です。混合器と分波器は兼用になっている製品もあります。

・ブースター
受信した電波を増幅させる機器です。アンテナからテレビの距離が遠い場合やもともと電波が弱い場所で使います。

アンテナ工事の相場

アンテナ工事の相場

アンテナ本体を含めたアンテナ工事の相場は次の通りです。

  • 八木式アンテナ 1万5千円~3万円
  • デザインアンテナ 2万円~3万五千円
  • 室内アンテナ 1,000円~7,000円(工事不要)
  • 八木式アンテナ+BS/CSアンテナ 3万円~4万円
  • デザインアンテナ+BS/CSアンテナ 3万5千円~5万円
  • 八木式アンテナ+BS/CSアンテナ(4k対応) 3万円~5万円
  • デザインアンテナ+BS/CSアンテナ(4k対応) 3万5千円~6万円

ほかに追加でかかる費用

アンテナ工事にはアンテナ撤去、分配工事、配線交換、ブースター設置などの費用もかかる場合があります。よく追加で費用がかかることが多いものをここでは挙げてみました。参考にしてみてください。

  • アンテナ撤去 5,000円~2万円前後
  • 分配工事 5,000円~3万円前後
  • 配線交換 1メートルごとに600円~
  • ブースター設置 1万5千円~4万5千円

火災保険が使えることもある

大雪や台風でアンテナに支障が出たとき、火災保険が使える場合があります。火災保険は、家や家財に対する損害を補償する保険です。火災だけでなく水害や風害、雪害や落雷などの被害も補償の対象になる場合があります。

そのため、アンテナの故障の原因がこれらに当てはまるのでは?と思った場合は一度加入している火災保険会社に問い合わせてみましょう。

また、火災保険を適用するためには、アンテナ業者が作成した見積書の提出が必要になる場合があります。損害の状況を確認するためにも、一度アンテナ業者に相談してみるのがおすすめです。

ただし、保険が適用されるかどうかを判断するのは業者ではなく保険会社ですので、実際に修理依頼をするのは保険の適用が確定してからにしましょう。

アンテナ工事・取り付けならアンテナ110番にお任せください!
通話
無料
0120-949-337 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

アンテナ工事依頼をする前に確認してみよう

テレビ映りが悪い、テレビが映らなくなった……。などといったことでお悩みの場合、アンテナ工事依頼をする前に一度確認しておいたほうがよいことがあります。じつは簡単なことで映りにくくなっているだけかもしれないからです。以下のことを確認してみましょう。

ブースターのコンセントを確認

ブースターのコンセントを確認

ブースターの電源部分がコンセントから浮いていないか、抜けていないか確認しましょう。室内にあることが多いのでテレビの近くを探してみてください。

また、抜けていないのに映らないなどの場合、ケーブルを動かしてみましょう。を動かすと映る場合はケーブルの劣化が考えられるので、その場合は業者に依頼すべきでしょう。

BーCASカードが原因

B-CASカードとは、番組の著作権を保護するためや有料放送、データ放送に使われているカードです。カードは赤色と青色のものがありテレビの側面に差し込まれています。赤色は地デジに加えてBS/CSも受信できるもので、青色は地デジ専用のものです。

B-CASカードがしっかり差し込まれていなかったり、カードの裏表が逆であったりするとテレビが映らないことがありますので、確認が必要です。きちんと奥まで挿しこんであるか、カードの向きは合っているか確認してみましょう。

アンテナの向きを確認

テレビが映らないのは、アンテナの向きが少しずれてしまっただけかもしれません。このような場合、アンテナがベランダにあれば自分で向きを調節してみましょう。

アンテナの方向は近所のアンテナの向きを見てみたり、スマートフォンのアプリを使って調べたりすることができます。

アンテナ工事のDIYはおすすめできない

アンテナの工事は特別な資格が必要なものではないので、自分でおこなうことも可能です。とはいえ、アンテナ工事を素人がおこなうのはおすすめできません。それは以下の理由からです。

  • 高所での作業になるため、ケガをしたりや事故を起こしたりするおそれがある。
  • 必要な工具をいくつかそろえる必要がある。
  • 工具を扱うためのスキルが必要。

このような理由からDIYでアンテナ工事をおこなうよりも業者に依頼したほうが、メリットが多いといえます。

業者に依頼すれば、失敗もなく安全できれいに設置することが可能だからです。とはいえ、アンテナ工事業者を探してみるといくつもあり、どの業者を選んだらよいのか迷うかもしれません。

そんなときは、弊社にご相談ください。弊社であれば、お客様のご希望に合った業者をご紹介することができます。

値段に関しては、見積りを取ってもらったほうが安心でしょう。見積りを無料で出してくれる業者をご紹介することも可能です。まずはご相談だけでもかまいませんので一度お電話、メールお待ちしております。

【掲載料金は消費税を含んでおりません】
【記載情報はコンテンツ作成時の情報です】

テレビアンテナの取り付け・工事ならアンテナ110番にお任せ!
通話
無料
0120-949-337 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!

利用規約プライバシーポリシー

CM

メディア情報

メディア情報写真

日本経済新聞2020/2/25 掲載

「NEXT1000」5位選出 専門業者とマッチング

KBC九州朝日放送2019/5/21 放送

FOR YOU

テレビ朝日2019/5/7 放送

ワイドスクランブル

日経産業新聞2019/3/26 掲載

「困りごと解決-140種対応「アマゾン」目指す、個人同士の基盤作りも」

読売テレビ2018/9/19 放送

かんさい情報ネットten.

BSジャパン2018/8/16 放送

日経プラス10

テレビ番組や新聞に当社事業やサービスについて取り上げられました。

  • 無料お見積りの依頼
  • 無料お見積りで何するの?

選ばれる3つの理由

  • よくあるご質問
  • 新着お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 料金のご案内
  • お急ぎの方へ

即日対応可能です!お見積り後のキャンセルも可能!

24時間365日、日本全国受付対応中!通話料無料、携帯電話・PHSもOK! 0120-949-337

設置 地デジ・BS・CSのアンテナを設置したい、交換 デザインアンテナに変えたいなど、修理 映らなくなった・壊れたなど

※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積りに費用をいただく場合がございます。