テレビにはUHFアンテナが必須!VHFとの違い、さらにUHFアンテナの種類、価格や設置に関する注意点をやさしく解説。

2021.02.25

テレビにはUHFアンテナが必須!VHFとの違い、さらにUHFアンテナの種類、価格や設置に関する注意点をやさしく解説。

UHFアンテナとは、地上デジタル放送を見るのに必要なアンテナです。
一方VHFアンテナは、地上アナログ放送時代に使っていたアンテナです。
今テレビアンテナを新設するなら、UHFアンテナを設置しましょう。

この記事ではちょっと戸惑うUHFとVHFアンテナの違いから、UHFアンテナの選び方までをやさしく解説しています。
アンテナの新設、使わなくなったVHFアンテナについてお悩みならぜひ参考にしてください!

ちなみに弊社【アンテナ110番】では、アンテナにまつわる工事を専門におこなっています。

あなたのご自宅に適したUHF(地デジ)アンテナの設置はもちろん。
使わなくなったVHF(地アナ)アンテナの撤去も承っています。

アンテナについてお悩みなら、24時間365日営業の【アンテナ110番】にお電話ください!

アンテナ工事・取り付けならアンテナ110番にお任せください!
通話
無料
0120-949-337 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

1. UHFアンテナとVHFアンテナの違いって?

UHF

2021年現在使われているアンテナはUHFアンテナです。
VHFアンテナはほぼ使われておらず、使用されていてもテレビ以外の目的で使われています。

では、この2つのアンテナの違いについてみていきましょう。

ふたつのアンテナ違いは何?なぜ2種類のアンテナがあるの?

大きな違いは「地デジが見えるかどうか?」です。(細かい違いは個別のアンテナの項で解説します。)

2011年(平成23年)7月以前のテレビ放送は「地上アナログ放送」でした。

しかし映像の高品質化、双方向サービスを実現するデータ放送、電波資源の有効活用などを理由に2011年7月以降は「地上デジタル放送」(以下地デジ)に移行しました。

地デジはUHFアンテナでしか受信できず、地アナはVHFアンテナでしか視聴できません。
これが2種類のアンテナがある理由です。

ではUHFとVHFアンテナそれぞれの違いについてみていきましょう。

UHFアンテナ

UHFアンテナは地デジを見るための専用のアンテナです。
UHFというのは「Ultra High Frequency」の略で、「極超短波」を指します。
極超短波とは電波の種類のことです。

電波にはたくさんの種類があり、電波によって直進性が強い、とても反射するなどそれぞれ違った特徴があります。
その中のひとつ極超短波は送信できる情報量は多いのに小型アンテナで受け取れることから、地デジのほか携帯電話などでも使われています。

極超短波の周波数は300MHz~3GHzです。
周波数とはざっくりいうと「電波の道路のようなもの」。

周波数を分けずにさまざまな電波をまとめて使っていると「混信」が発生、テレビの場合映りが悪くなります。

そこで「テレビの電波はこの周波数(道路)を使うこと」と決めておくと、混信が防げるんです。
さらに周波数をもっと指定して「どの電波が視聴したいか?」を選択すれば、NHKなど特定の放送局が視聴できます。

これがチャンネルを合わせる、という行為です。
まとめると「UHFアンテナは周波数300MHz~3GHzの極超短波(地デジの電波)を拾うアンテナ」ということです。

VHFアンテナ

VHFアンテナは地アナ放送専用のアンテナです。
そのため地デジ完全移行が完了した現在では、このアンテナを使ってテレビを見ることはできません。

なぜ視聴できないかというと、アンテナはそれぞれの電波や周波数が拾いやすいように設計されておりVHFアンテナでは、地デジ放送が受信できないんです…。

VHFアンテナのVHFとは「Very High Frequency」の略で、「超短波」のこと。
超短波は直進性が高く、電離層(電波をジャマする自然現象)にも影響されにくい電波です。
現在ではFMラジオ放送に使われています。

ちなみに地上アナログ放送で使われていた超短波の周波数は30MHz~300MHzです。
まとめると「VHFアンテナは周波数30MHz~300MHzの超短波(地上アナログの電波)を拾うアンテナ」ということですね。

参考:総務省電波利用ページ[周波数帯ごとの主な用途と電波の特徴]

VHFアンテナ(地上アナログアンテナ)に使い道はある?

現在VHFアンテナを利用するなら、FMラジオ受信用のアンテナとして使用できます。
FMラジオの周波数は76MHz~90MHzなので、VHFアンテナで受信できます。

まだ配線がそのままなら壁のテレビ用端子に分波器を接続、ラジオやオーディオに接続し周波数を合わせればラジオが楽しめますよ。

使っていないVHFアンテナは撤去したほうがよい

アンテナの重さは1~2㎏ほどあり、落下すれば事故の恐れがあります
とくに設置しておく理由がないのなら、もう使わないVHFアンテナは撤去をオススメします

もしVHFアンテナの撤去をお考えなら、【アンテナ110番】にご連絡ください。
アンテナの撤去には、アンテナの撤去作業に加え撤去したアンテナの処分をどうするか?などの判断も必要です。

アンテナ110番】なら、撤去から処分までコミコミ価格の見積もりをご提示するため見積もり後に料金が増える心配がありません。
使っていないアンテナの撤去をお考えなら【アンテナ110番】にご連絡ください。

アンテナ工事・取り付けならアンテナ110番にお任せください!
通話
無料
0120-949-337 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

2. BS/CSアンテナとUHFアンテナ(地デジ)の違い

BS

有料放送が有名な衛星放送、これは地デジのアンテナを設置しても視聴できません。
視聴にはBS/CSアンテナが必要です。

BS/CSアンテナとは?

衛星放送ことBS(Broadcasting Satellites)とCS(Communication Satellites)は放送内容や成り立ちが違うものの仕組み自体は一緒です。

衛星放送は文字通り、宇宙に発射した通信衛星を介してテレビ放送を見る仕組みです。
おおまかに放送大学など無料放送があるBSと有料放送のスカパーが視聴できるCSと広く認識されているでしょう。

BS/CSアンテナの3種類です。
BSと110度CSが視聴できるアンテナ、124度/128度CSが視聴できるアンテナ。
そして110度~128度まで、すべてが視聴できる3波対応アンテナです。

110度、124度/128度とは衛星が発射された位置を示し、対応したアンテナでないとBS/CSの電波は受信できません。

アンテナの種類BSCS
110度スカパー!のみ視聴可能
124度/128度×スカパー!プレミアムサービスが視聴可能
3波対応すべて視聴可能

ちなみに衛星放送の電波は「マイクロ波」、特定の方向に向けて発射するのに適した直進性の強い電波を使っています。

4K8Kのアンテナについて

CS110度(スカパー!)の一部では高画質な4K放送、BSでは4K8K放送が始まっています。

4K8K放送は従来のBS/CSアンテナ、先に挙げた110度や3波対応アンテナでは受信できず、対応のアンテナが必要です。

理由は衛星放送の電波はらせん状に送信されており、それをBS/CSアンテナが受信しています。
従来の衛星放送は右旋(うせん)という、右周りの送信だけでした。

しかし4K8Kからは衛星放送の混信を避けるため左旋(させん)、左回りの電波も加わりこれまでのBS/CSアンテナだけでは受信できなくなったんです。

まとめると「BS/CSアンテナはBS/CS放送を見るためのアンテナ、対応した3つのアンテナがありそれで視聴する。ただし、4K8K放送は電波の向きが違うため対応アンテナが必要」ということです。

地デジアンテナでは衛星放送は受信できない

地デジ、衛星放送を両方楽しむにはUHFアンテナとBS/CSアンテナが必要です。
先にアンテナは「種類によって電波の拾いやすさが違う」と述べました。

電波は距離が離れれば離れるほど弱くなるため、地上で発信される地デジの電波は強く、宇宙から発信される衛星放送の電波は弱くなります。

弱い衛星放送の電波を拾うためBSアンテナは独特の形をしており、地デジのアンテナではBSの電波は拾えないんですね。

それぞれの放送に合わせたアンテナを設置しましょう。

ちなみに地デジはテレビさえあれば視聴できますが、BS/CS放送の場合チューナーも必要です。
詳しくは「BS放送を見るには何が必要?一軒家とマンションで違いは?ケーブルテレビとどっちが安い?無料放送はある?気になる疑問にお答えします!」を参考にしてください。

3. UHFアンテナの選び方

アンテナのカタログやネット通販をのぞいてみると、同じUHFアンテナでもさまざまな種類、特徴があり、設置環境が異なると使えない可能性があります。
そこでここからは、アンテナの選び方について解説します!

はじめに電界地域とは?

電波は距離によって強さが変わります。
スカイツリーなどのテレビ塔(電波塔)に近ければ近いほど強く、離れれば離れるほど弱くなります。

そのため電波塔から遠い地域、山などで電波が届きにくい地域は電波が弱く「弱電界地域」
反対に電波が強い地域は「強電界地域」、弱と強地域の間は「中電界地域」と呼ばれます。

弱電界地域は電波が弱いため、電波を拾う力が強い大きなアンテナが必要です。
反対に強電界地域は電波が強いため、小型の小さなアンテナでも十分です。

電界地域の明確な線引きはなく、お住まいの地域が電界地域かどうかは?はすぐにはわかりません。

詳しく知りたいかたは、アンテナ修理業者や電気屋などに「電波の強さについて」調査をお願いしましょう。

動作利得

動作利得とは「アンテナの受信感度、どれだけの電波を受信できるか?」、アンテナの受信しやすさを示すものです。

カタログなどでアンテナの商品説明を見ていると「動作利得5dB」と記載されています。
単純にいえばこの数字が大きければ、大きいほど高性能なアンテナということです。

しかし動作利得が大きければ大きいほど、アンテナは大型になるためご家庭によっては設置がむずかしくなるかもしれません。
できればお住いの地域の電界強度に合わせたものを購入しましょう。

目安としては以下の通りです。

【強電界地域】
1.5 dB以上
【中電界地域】
5.5dB以上
【弱電界地域】
7.8 dB以上

※参照:マスプロ電工 2020年総合カタログ

素子数

UHFアンテナの選び方!

素子(エレメント)は「電波の拾いやすさ」を示しています。

わかり易く写真の八木式アンテナで説明すると、アンテナの横棒の部分です。
この横棒の数が多ければ、多いほど電波を拾う確率が高くなるため素子数が大きければ大きいほど、よいアンテナなんですね。

八木式アンテナの場合、横棒(素子数)が多ければ多いほど大きなアンテナになります。

強電界地域の場合、電波を拾いすぎても映像が乱れるため、電界強度に合わせた素子数のアンテナを選択しましょう。

【強電界地域】
4素子以上
【中電界地域】
14素子以上
【弱電界地域】
20素子以上

参考: DXアンテナ株式会社

偏波面について

先に衛星放送4K8Kの説明で「電波には右回りと左回りがある」と解説しました。
理由は電波が混ざる「混信」を避けるためですが、地デジ放送にも水平(横)方向の水平波と垂直(たて)方向の垂直波の電波があります

電波の向きは電波塔によって異なりたとえば東京スカイツリーは水平、神奈川県湘南平にある平塚中継局は垂直です。

向きが違うと電波がうまく受信できないため、お住いの地域に対応したアンテナが必要です。
偏波面の一覧は後述の「アンテナの向きに注意」を参考にしてください。

ただしアンテナによっては角度を調節するだけで水平垂直の電波が拾えるため、心配なら水平・垂直どちらも使えるタイプを購入しましょう。

4. UHFアンテナにはどんな種類があるの?

アンテナの選び方を学んだところで、実際にどんなアンテナがあるか見ていきましょう。
地デジ放送を見るために必要なUHFアンテナの形状はひとつではありません。
スマートな見た目のものから、小型なものまでさまざまです。

ただし同じUHFアンテナでも設置条件は異なるため、それぞれ見ていきましょう。

八木式アンテナ

八木式アンテナは屋根の上に取り付けられた、魚の骨のような形をしたアンテナです。
VHFアンテナの頃から使われてきた形なので、アンテナを想像したときにこの形がパッと浮かぶ方も多いのではないでしょうか。

八木式アンテナのメリットは受信感度が1番よいところ、弱電界地域~強電界地域まで広く使用できます
もし弱電界地域だとしても骨のような素子の本数を増やせば、感度が向上します。

デメリットは見た目があまりよくないところ。
見た目を気にされるかたは、次から紹介するタイプを選びましょう。

平面アンテナ

デザインアンテナもしくはフラットアンテナなどとも呼ばれています。
薄い長方形の箱のような形をしており、建物の外壁に取り付けて使用します。
八木式アンテナと比べて、すっきりとして目立たないデザインが人気です。

ただし平面アンテナの設置場所は外壁のため、屋根と比べ少し低い位置に取り付けます。
屋根の上に設置する八木式アンテナと比べると受信感度が下がるため、中電界地域~強電界地域で使用します

室内アンテナ

室内に設置する小型のテレビ用アンテナです。
設置方法はテレビとつないで、室内に置くだけです。
そのため工事費用がかからず、アンテナ本体の購入費用だけで済みます。

しかし、屋外に設置するアンテナと比べると格段に受信感度が落ちます。
環境によってはまったく地デジが視聴できないため、購入には注意が必要です。

電波塔の近くに住んでいる強電界地域でしか、利用できないと思っておきましょう…。

ユニコーンアンテナ

アンテナ製造の会社、マスプロ電工が2017年から販売している新しいアンテナです。
一見すると煙突のような丸い筒状のアンテナで、八木式アンテナと同じく屋根の上に設置します。

外観を崩さないスマートな見た目、障害物が多い住宅街でも屋根の上に設置できる機能性の高いアンテナです。

マスプロ電工によると強~中電界地域での使用を推奨しています。

UHFアンテナの価格、性能まとめ

この章の最後に紹介したアンテナをまとめました。

▼右にスクロールできます

名前特徴価格の目安※1電波の受信性能※2
八木式アンテナ/UHFアンテナ魚の骨のような形3千円~8千円
デザインアンテナ四角い箱でスタイリッシュ5千~1万5千円
室内アンテナ室内に置くためコンパクト2千~8千円
ユニコーンアンテナ
(UNICORN U2CN./マスプロ電工)
筒状のアンテナで美観を損ねない8千~1万2千円

※1 ネット通販価格を調査。工事費は含まない
※2 参考:マスプロ電工2020年総合カタログ

お住まいの地域の電界地域に大きく左右されますが、強電界地域にお住いなら小型の室内アンテナが最も手軽で最安値でしょう。
弱電界地域ならば八木式アンテナ、美観にこだわるならデザインアンテナやユニコーンアンテナがオススメです。

アンテナはたくさん種類があるため迷いますよね。
もしご自宅にどんなアンテナをつければよいかお悩みなら、一度弊社【アンテナ110番】にご相談ください。

アンテナ110番】は、アンテナ修理専門の業者です。
修理以外にもアンテナの設置やテレビ端子の増設など、アンテナにかかわる工事を専門に行っています。

アンテナ交換、アンテナ新設などアンテナにまつわるご依頼はおまかせください!
24時間365日営業の【アンテナ110番】にいつでもお電話ください。

アンテナ工事・取り付けならアンテナ110番にお任せください!
通話
無料
0120-949-337 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

5. UHFアンテナ設置の際の注意点

アンテナの設置に関して、特別な許可や資格はいりません。
賃貸住宅の場合は管理会社に相談した次第ですが、持ち家であれば地デジ、BSアンテナどちらでも自分で取り付けてOKです。

この章では、自分で取り付ける際の注意点を解説します。

電波が届けばどこに設置してもOK

アンテナというと屋根の上に設置されているイメージですがじつは、電波が届けばどこに設置しても問題ありません

たとえば室内アンテナは部屋の中に設置、BSアンテナもよくベランダに設置しているのを見かけますね。

もっとも電波が入りやすいのは屋根の上ですが、台風や積雪の心配があるなら屋根裏などの設置も検討しましょう。

アンテナの向きに注意

電波は電波塔や衛星放送から発信されており、アンテナは電波塔や通信衛星の向きに合わせて設置します。
向きはお住いの地域、電波塔の位置、偏波の向き、衛星放送でご覧のチャンネルなどで異なります。
電波の向きについては以下を参考にしてください。

【地デジの場合】
・お住まいの地域の電波塔、偏波の向きを確認する。
参考:電波塔[一般社団法人放送サービス高度化推進協会]
偏波面[総務省 デジタル中継局開局情報]

【衛星放送の場合】
・BS(BS・110度CSアンテナ)仰角(空に向ける角度)と方位角があるため調節する
「スカパー!」と「スカパー!プレミアムサービス」でも仰角と方位角は違うため注意
参考:マスプロアンテナ[衛星アンテナ 方位角・仰角・偏波面傾き角一覧表]

配線作業は長さと太さに注意

先に「電波は電波塔から遠くなればなるほど弱くなる」とお伝えしました。

じつは「アンテナからテレビまで」も同じことがいえ、アンテナとテレビを結ぶアンテナケーブルが長ければ長いほど電波は弱まります。

長いケーブルを使う場合はケーブルを太くすれば安定しますが、太いケーブルは曲がりにくく扱いにくいためできれば、適した太さがよいでしょう。

「壁に穴をあけたり、壁にテレビ用端子を取り付けるのは面倒だから」と長いケーブルを使う場合はアンテナからテレビまでの最短距離を心がけてください。

電波が弱かったらブースターも設置しよう

アンテナの設置を終え、配線やアンテナの角度はバッチリ。
しかしテレビを見ると「受信状態が悪い」「ブロックノイズが発生」など映りが良くない場合があります。

周りの建物や地形などにより電波が入りづらいなど、電波が弱まっていると考えられます。
電波が弱いときはブースター(増幅器)を設置しましょう。

ブースターには、テレビアンテナに直接取り付ける「屋外用」と室内で利用する「室内用」があります。

屋外用のほうが強力ですが、アンテナの設置場所によっては設置に危険が伴います。
まずは手軽に試せる室内用で様子を見ましょう。

DIY作業は危険!安全に注意しておこなおう

自分でアンテナを設置する場合は、事故やケガの恐れがあります。
以下のことを必ず守ってください。

作業中落下の危険性

屋根の上や壁面にアンテナを設置する場合、落下の恐れがあります。
ヘルメットを必ず着用し、場合によっては命綱などを用意し安全に配慮したうえでおこなってください。
参考:厚生労働省[墜落災害防止のための屋根・屋上での安全対策]

アンテナの落下の危険性

アンテナの重さは大体1~2キロほどですが、不意に落下すればケガや事故につながります。
付属の金具、針金などでしっかりと固定しましょう。

アンテナの落下はご近所トラブルにもつながりかねないため、注意してください。

設置不良の可能性

ここまで見てきた通り、アンテナの設置にはじつにさまざまなことに気を使います。
電界強度、アンテナの種類、アンテナの向きや配線の長さ、太さなど…。

どれかに不具合があれば、それだけでテレビは視聴できません。
ただし設置には知識、技術や道具が必要です。

1からそろえるのがむずかしいなら、代わりにすべてやってくれるアンテナ修理業者に依頼しましょう。

6. アンテナ設置は全部代わりにやってくれる【アンテナ110番】におまかせ!

アンテナの設置は設置作業以外にも、アンテナの向きや電波の入りやすさなど目に見えない調節が必要です。
専門の道具や知識がないと、かなり手間取るためできればアンテナ修理業者への依頼がオススメです。

【アンテナ110番】は材料費・作業費などコミコミ価格!日本全国どこでも対応!

アンテナ110番】では、料金の見積もりを材料費や作業費すべてまとめたコミコミ料金でご提示いたします。

そのため見積もり後に料金が増える心配はありません。

また【アンテナ110番】は全国にネットワークがあるため、お電話いただければお近くのアンテナ修理業者がすぐにご自宅に向かいます。

アンテナ新設、アンテナ撤去、配線工事やブースター設置など。
アンテナにかかわる工事は【アンテナ110番】におまかせください!

テレビアンテナの取り付け・工事ならアンテナ110番にお任せ!
通話
無料
0120-949-337 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください! 0120-949-337

利用規約プライバシーポリシー

CM

メディア情報

メディア情報写真

日本経済新聞2020/2/25 掲載

「NEXT1000」5位選出 専門業者とマッチング

KBC九州朝日放送2019/5/21 放送

FOR YOU

テレビ朝日2019/5/7 放送

ワイドスクランブル

日経産業新聞2019/3/26 掲載

「困りごと解決-140種対応「アマゾン」目指す、個人同士の基盤作りも」

読売テレビ2018/9/19 放送

かんさい情報ネットten.

BSジャパン2018/8/16 放送

日経プラス10

テレビ番組や新聞に当社事業やサービスについて取り上げられました。

  • 無料お見積りの依頼
  • 無料お見積りで何するの?

選ばれる3つの理由

  • よくあるご質問
  • 新着お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 料金のご案内
  • お急ぎの方へ

即日対応可能です!お見積り後のキャンセルも可能!

24時間365日、日本全国受付対応中!通話料無料、携帯電話・PHSもOK!0120-949-337

設置 地デジ・BS・CSのアンテナを設置したい、交換 デザインアンテナに変えたいなど、修理 映らなくなった・壊れたなど

※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積りに費用をいただく場合がございます。