2019.05.31更新

地デジアンテナ屋根裏設置のメリットは?DIYでの設置方法も紹介

アンテナ工事・取り付けならアンテナ110番にお任せください!
通話
無料
0120-949-337 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

地デジアンテナ屋根裏設置のメリットとは?DIYでの設置方法も紹介

地デジアンテナを屋根裏に設置することにはさまざまなメリットがありますが、すべての住宅で屋根裏に設置することが可能というわけではありません。設置スペースの問題や電波の受信状況の問題があるからです。

このコラムでは、地デジアンテナを屋根裏に設置できない家についてや、地デジアンテナを屋根裏に設置するメリット・デメリットについて解説しています。あわせて、自分で地デジアンテナを設置する方法もお伝えしています。

地デジアンテナを屋根裏に移設したい方や、新たにアンテナを置きたいけれどどこに設置するか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

地デジアンテナを自宅の屋根裏に設置するための条件

地デジアンテナを屋根裏に設置することは可能ですが、いくつかの条件をクリアしている必要があります。ここでは、屋根裏に地デジアンテナを設置するのに適していない家の特徴を中心にご紹介していきます。

アンテナを置くのに適さない家

地デジアンテナを屋根裏に設置することができないケースとして、そもそも屋根裏にアンテナを置くことができる十分なスペースがない場合があげられます。また、点検口がなく屋根裏に入ることができない家も同様で、このような家ではアンテナの設置作業が物理的に困難です。

屋根裏に入ることができ、十分にスペースもあってアンテナを設置する作業ができる環境であったら、次に確認したいのが電波の受信状況です。地デジアンテナを屋根裏に設置しても、きちんと電波を受信できないとテレビが映りませんよね。

屋根裏にアンテナを設置しても電波を受信しにくいと考えられる例には、家が鉄骨造り・鉄筋コンクリート造りである場合や、屋根や壁が金属製である場合などがあります。また、家の周囲に高い建物が建っている場合も要注意です。

屋根裏に地デジアンテナを設置したい方は、設置前に電波の受信状況を測定してみましょう。電波の測定はアンテナ設置業者に相談してみるか、自分で電波測定器を用意してやってみるという方法もあります。

BSアンテナは屋根裏に設置できない

なお、BSアンテナは屋根裏に設置することはできません。「ベランダや屋根に設置すると建物のデザインに合わないので嫌……」という方は、できるだけ見えにくいように隠して設置してみてはいかがでしょうか。

こんな場合にはどうなの?

・太陽光パネルがあっても大丈夫?

太陽光パネルがある家でも、場合によっては地デジアンテナを屋根裏に設置することが可能です。

基本的には、アンテナを向ける方角の屋根に太陽光パネルがあると、電波が受信しにくくなっています。屋根裏にアンテナを設置する前に、業者に相談したり自分で測定器を使ったりして電波の受信状況を確認しておきましょう。

・屋根の雪が原因で電波が入りにくくなることはある?

雪の多い地域の方は、屋根に雪が積もることで電波の受信状況に影響がないか心配かもしれませんね。ですが、積雪が電波状況に影響を与えることはほとんどありません。雪の多い地域にお住まいの方も、地デジアンテナを屋根裏に設置することは可能です。

屋根裏に地デジアンテナを設置するメリット・デメリット

屋根裏に地デジアンテナを設置するメリット・デメリット

地デジアンテナを屋根裏に設置することで、メンテナンスが楽になるなどのメリットがあります。反対に、屋外に設置する場合よりも電波障害を受けやすくなるおそれがあるなど、デメリットもあります。

それでは、屋根裏に地デジアンテナを設置するメリットとデメリットを詳しくみていきましょう。

屋根裏に設置することのメリット

・家の外見を損なわない

屋根やベランダに地デジアンテナがのっていないと、家の外見がすっきりします。家のデザインにこだわりのある方にとってはうれしいメリットですね。

・雨風によるアンテナの劣化を防ぐ

屋外で雨風にさらされていると、当然アンテナの劣化もはやく進んでしまいやすいです。屋根裏に設置することで、アンテナを雨風から守ることができます。

・台風や雪などによる破損がない

普段の雨や風以上に、台風や雪などの悪天候のときには、屋外に設置してあるアンテナへのダメージも大きいです。

また、風に飛ばされて落下してしまうと、アンテナそのものだけでなく周囲の建物や人にまで被害を与えてしまうおそれがあります。アンテナを屋根裏に設置しておけば、台風や雪などによる破損のリスクも少ないですね。

屋根裏に設置することのデメリット

・家の造りによっては設置できない場合がある

先ほどご説明したように、家の造りや周囲の状況によっては設置することができない場合があります。ご自宅の屋根裏には地デジアンテナが設置可能かどうか、事前に確認しておきましょう。

・立地によっては電波の入りが悪い場合がある

電波を受信できることを確認して屋根裏にアンテナを設置しても、電波の入りが悪くてテレビが映りにくい、映像が乱れるといったトラブルが起きることもあります。このような場合、ブースターを使用することでテレビの映りが改善されるかもしれません。

・LED照明などの電波障害を受けるおそれがある

立地状況以外にも、LED照明が電波に影響をおよぼし、テレビがうまく映らないこともあります。

特定の部屋のLED照明をつけたときだけテレビの映りが悪くなるといった場合は、LED照明による電波障害が疑われます。そんなときは、電波障害を起こさないよう対策されたLED照明への交換を検討してみるとよいでしょう。

・屋根上やベランダへの設置よりも工事費用が高くなる場合がある

一般的に、業者に地デジアンテナを屋根裏に設置してもらうと、屋根上やベランダに設置するよりも工事費用が高くなることが多いです。反対に安くなる可能性もあるので、詳しくはアンテナ設置業者に相談してみてください。

自分で地デジアンテナを設置するのは難しい!?

アンテナ工事を業者に頼むと費用がかさみますし、できることなら自分で地デジアンテナを屋根裏に設置したいと考えている方も多いでしょう。自分で地デジアンテナを設置することは可能ですが、専門的な知識が必要になりますし、かなりの重労働となります。

地デジの電波が入りにくい

地デジアンテナを屋根裏に設置すると、やはり屋根上に設置するよりも電波が入りにくくなってしまいます。ブースターを設置することで、弱い電波でも問題なくテレビを映すようにすることはできますが、ブースターの設置は初心者には難易度が高いかもしれません。

アンテナの取り外し方法が難しい

屋根裏に地デジアンテナを設置するにあたり、現在屋根上やベランダに地デジアンテナが設置してある場合は取り外さなければなりません。工具を握るのに慣れていない人にとっては、アンテナの固定器具を外すだけでひと苦労でしょう。

地デジアンテナは大きいので自分で取るのは危険

コンパクトなタイプの地デジアンテナもありますが、大きな地デジアンテナが屋根やベランダに設置されている場合、ひとりで取り外すのは危険です。屋根から転落してしまったりアンテナを落としたりして、大きなけがやトラブルにつながってしまうかもしれません。

アンテナの取り外し作業はくれぐれも慎重に、できれば複数人でおこない、少しでも疑問や不安を感じたらあきらめてアンテナ設置業者にお任せしましょう。

自分で地デジアンテナを屋根裏に設置してみよう!

自分で地デジアンテナを屋根裏に設置してみよう!

自分で地デジアンテナを設置することは大変な作業となりますが、ご自身で設置することも可能です。ここからは、自分で地デジアンテナを屋根裏に設置する手順をご説明していきます。

地デジアンテナを設置するために必要な道具

  • 電波測定器
  • 地デジアンテナ
  • 小型テレビ
  • アンテナを固定するための金具やひもなど
  • アンテナケーブル
  • 懐中電灯などの照明
  • ブースター(電波の入りが弱い場合)
  • 必要に応じてカッター、ドライバー、ニッパーなどの工具

地デジアンテナを設置するための手順

1.電波状況の確認

まずは屋根裏にきちんと電波が入るかどうか、電波測定器を使って調べてみましょう。

2.設置場所の確認

電波状況に問題がなさそうであれば、地デジアンテナを設置する場所を確認します。

ご家庭によってはひとつのアンテナで複数台のテレビを見られるように電波をわける分配器という機器を使用していることがあります。その場合、あとでアンテナケーブルを分配器につなぐので、ケーブルが届くほどの距離で設置しなければいけません。

3.アンテナの向きや位置決め

小型テレビに直接アンテナとケーブルをつないで、電波の受信状況を確認します。アンテナをどの位置・どの方向に向けるとテレビの映りがよいかチェックしましょう。

4.アンテナを柱などに固定

先ほど確認した、電波の入りやすい位置にアンテナを固定します。金具やひもを使って、柱などにしっかりとアンテナを固定しましょう。

5.アンテナケーブルと分配器をつなぐ

アンテナケーブルと分配器を接続します。電波が弱く、ブースターを使用する場合はアンテナと分配器の間にブースターをつなげます。

6.テレビが映れば完了

各部屋のテレビが問題なく映ることを確認できたら、地デジアンテナの設置は成功です。

地デジアンテナの設置に困ったらプロに相談!

屋根裏にアンテナを設置する方法をご紹介しましたが、専門的な知識も必要ですし、慣れない作業で大変そうだと思われる方も多いでしょう。難しくて自分にはできそうにないと感じたら、無理せずプロの力を借りましょう。

アンテナの設置は難しく、慣れない作業中にけがをしてしまったら大変です。なんとか屋根裏にアンテナを設置できても、以前よりテレビの映りが悪くなってしまうなどのトラブルが発生することも考えられます。

電波の受信状況やアンテナの設置手順などについて、少しでも疑問や不安があれば、アンテナ設置業者に相談してみましょう。

まとめ

地デジアンテナを屋根裏に設置することにはメリットが多いですが、設置できる条件が少し複雑です。

また、アンテナを自分で取り外したり設置したりするのは、慣れない人にとっては大変な作業でしょう。特に、屋根の上に設置されているアンテナを取り外す作業では、けがをしないよう十分な注意が必要です。

「自宅の屋根裏に地デジアンテナを設置できるのかわからない」「自分で設置するのは大変そうだ」……このように、アンテナの設置に疑問や不安があれば、プロにお任せしてしまうのがより確実で安心な方法でしょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!

通話料無料!携帯電話 PHSもOK!

24時間365日、日本全国受付対応中!

  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

日経ニュースプラス10

「日経ニュースプラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

  • 無料お見積りの依頼 無料お見積りの依頼
  • 無料お見積りで何するの?

選ばれる3つの理由

  • よくあるご質問
  • 新着お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 料金のご案内
  • お急ぎの方へ

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます

※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

お電話1本で駆けつけます! 現地調査・お見積り無料

24時間365日、日本全国受付対応中!通話料無料、携帯電話・PHSもOK! 0120-949-337 24時間365日、日本全国受付対応中!通話料無料、携帯電話・PHSもOK! 0120-790-456

設置 地デジ・BS・CSのアンテナを設置したい、交換 デザインアンテナに変えたいなど、修理 映らなくなった・壊れたなど

※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積りに費用をいただく場合がございます。