2018.11.07更新

4Kは必要?工事はするの?初心者でもわかる簡単解説ガイド!

1907066e054671881c3562b868a1c912_s

 

地デジに移行してから、はや数年。今、家電量販店のテレビコーナーに行ったり、家電量販店の広告を見たりすると、「4K」というワードをよく目にすると思います。“今のテレビよりきれいに見ることができるテレビ”というなんとなくのイメージを持っている人も多いことでしょう。

 

今回は、4Kテレビについてお伝えしていきます。4Kテレビとは何なのか、そもそも4Kは必要なのかということについてお伝えしていきます。最後まで読んでいただけたら幸いです。

 

 

「4K」テレビは必要?そもそも4Kってどうゆうもの?

最近よく聞く機会が多い“4K”テレビ。ここでは、そもそも4Kテレビとは何なのかについてお伝えしていきます。

 

4Kとはなに?解像度について

みなさんがよく聞く“4K”とは、”4,000”のことです。4,000gのことを4kgというのと同じです。4Kのほかにも、2K、8Kという言葉も聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。テレビの”数千“というのは、縦×横の画素数のことを指します。

 

4Kの縦×横の画素数は3,840×2,160になっています。縦×横の画素数がそれに対して、従来から現在にかけて多く市場に出回っている1,920×1,080のものは、フルHDや2Kと呼ばれています。

 

テレビの画素数によって、テレビの画面をきれいに見ることができます。例えば、2Kと4Kとでは、画面を構成する画素数が違ってきます。2Kは、1,920×1,080=およそ200万画素ですが、4Kは3,840×2,160=およそ800万画素です。つまり、同じテレビの画面の大きさで考えたとき、4Kの画素は2Kの画素の4倍なので、映像をより緻密に見ることができるいというわけです。

 

4Kのメリット

家電量販店に行くとたくさん並んでいる「4K」。では、4Kのメリットは何でしょうか?

 

【メリット1】画質が良い

先述したように、2Kと比較すると画素数が4倍ですので、高画質でテレビを楽しむことができます。より美しい明暗のコントラストや、より自然に近い色彩になり、臨場感があるテレビを楽しむことができます。

 

【メリット2】4K放送が導入されたときに買い替える必要なし

4K放送の本格始動は、2018年12月1日からです。しかし、2018年12月1日を過ぎても、2Kのテレビで視聴することができます。数年後、完全に4K放送が導入されたときに、今のうちに4Kテレビにしておけば買い替えることなく、テレビを楽しむことができます。

 

【メリット3】選ぶ視野が広がる

家電量販店のテレビコーナーに行けば分かるように、各メーカーが4Kテレビに力を入れています。そのためこれからテレビを買い替える方は、2Kに比べてたくさんのメーカー、テレビの中から自分にあった特色を持つテレビにすることができます。

 

これから新しくテレビを買い替える方で、よりテレビを高画質で臨場感あふれる画面で楽しみたいのであれば、4Kテレビを検討してみてもよいかもしれません。

 

4Kは従来のテレビでは見れません!

ポイント

 

2Kと呼ばれる従来のテレビから4Kテレビにするだけでは、すぐに4Kテレビを見ることはできません。4Kテレビに必要なものをご紹介していきます。

 

【チューナーが必要】

4Kテレビを見るには、映像を4Kで映し出すための「チューナー」が必要です。家電量販店のテレビ売り場に行くと、「4Kテレビ」と「4K対応テレビ」の2つの種類があります。これらの違いは、チューナーが内蔵されているか否かです。「4Kテレビ」は、チューナーが内蔵されており、「4K対応テレビ」はチューナーが内蔵されていないため、別途買う必要があります。

 

「4K対応テレビ」ですと、チューナを追加で購入しなければいけません。4Kが目的なら、対応チューナーが内蔵されている「4Kテレビ」にするのがおすすめです。

 

【アンテナが必要】

4Kテレビを見るには、4K放送を受信できる「アンテナ」が必要です。今、地上デジタル放送を視聴している方や、BSやCS放送を視聴しているのであれば、4K放送に対応しているアンテナが必要です。

 

その他にも、4K放送に対応している「ブースター」、「分配器」、「配線ケーブル」が必要です。

 

4Kテレビを購入するなら?おすすめポイント

テレビ売り場に行くと、多くの種類の「4K」が並んでいますよね。ここでは、4Kテレビを購入する際のおすすめポイントをお伝えしていきます。

 

【高画質を重視】

「直下型液晶ディスプレイ」であるテレビは、LEDの使用量が多いので高いコントラストを楽しむことができます。特に暗いシーンはより奥行き感に優れており、臨場感を楽しむことができます。高いコントラストで、リアル感を楽しみながら、壮大な画面を楽しみたい方におすすめです。

 

【軽量・薄型・映像美を重視】

「有機ELディスプレイ」であるテレビは、自発光タイプであり、バックライトであるLEDが必要でなくなったので、軽量化と薄型化を実現しています。テレビを設置する場所によって、軽量・薄型のほうがよいときがあります。また、「有機ディスプレイ」は完全な黒の表現を得意としています。

 

こちらはほかのテレビと比較すると値段が高く、テレビとしての寿命も半分といわれています。そのため、値段や耐久面よりも軽量な点や画像美を重視したい方におすすめです。

 

【角度によって見え方が変わらない】

4Kテレビは大きいため、見る角度によって見え方が変わってきます。そのようなことが気になる方には、「IPS液晶方式」がおすすめです。「IPS液晶方式」ですと、見る角度によって見え方が変化しません。

 

それぞれ人によって、テレビの何を重視するかが変わってくるでしょう。自分にあったテレビを選ぶようにしましょう。

 

4K視聴のためのアンテナ工事とは

業者に相談して原因を探してもらおう!

 

4Kを視聴するのは工事が必要です。4Kテレビを視聴するためのアンテナ工事についてお伝えしていきます。

 

4Kを視聴するためには、アンテナ工事が必要になります。アンテナは、4K送信を受信するために必要なものであり、アンテナ工事が行われていないと、4Kテレビを視聴することができません。

 

アンテナ工事の費用の相場は、6万円~10万円です。かならずしも業者の方に依頼すべきというわけではありませんが、確実に安全に取り付けるには、業者の方に依頼するのが一番です。

 

自分でアンテナの工事をすることもできますが、高所での作業になります。アンテナ自体は小さいものではなく、重さもあります。安全性のことも考えると、出来る限り自分で作業を行なわないようにしましょう。

 

まとめ

今回は、4Kテレビについてお伝えしてきました。4Kテレビは、2Kテレビより画質がきれいなため、テレビ番組や映画をより楽しむことができます。もし、4Kテレビに買い替える場合は、自分にあったテレビを選ぶようにしましょう。また、4Kテレビを購入すると、アンテナ工事が必要です。アンテナ工事は高所での作業であるうえ、アンテナの向きの調節は簡単な作業ではありません。

 

アンテナ工事をするときは業者の方に依頼すると、安全かつ適確に設置してくれます。業者の方にお願いするときは、相見積り、口コミや評判を参考にしてみてください。

 

今回の記事が、みなさんの今後の参考になれば幸いです。

 

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!

通話料無料!携帯電話 PHSもOK!

0120-949-337

24時間365日、日本全国受付対応中!

  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

日経ニュースプラス10

「日経ニュースプラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

  • 無料お見積りの依頼
  • 無料お見積りで何するの?

選ばれる3つの理由

  • よくあるご質問
  • 新着お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 料金のご案内
  • お急ぎの方へ

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます

※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

お電話1本で駆けつけます! 現地調査・お見積り無料

24時間365日、日本全国受付対応中!通話料無料、携帯電話・PHSもOK! 0120-949-337

設置 地デジ・BS・CSのアンテナを設置したい、交換 デザインアンテナに変えたいなど、修理 映らなくなった・壊れたなど

※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積りに費用をいただく場合がございます。