2018.06.14更新

地デジが映らない…慌てないで!ちょっとの確認で解決できます

地デジが映らない…慌てないで!ちょっとの確認で解決できます

 

アナログ放送から地デジ放送へ移行してから10年近く経ちました。アナログよりも地デジの方が、電波が安定して届きやすいという利点があります。しかしアナログのときはテレビの電源をいれるとすぐにチャンネルが見られるのに対し、地デジでは見るための設定やチューナーなどが必要となりました。

 

今回の記事は「地デジが映らない」といったトラブルについて、解決法や対処法を解説していきます。普段見られていたテレビが急に映らなくなったら「故障かな?」と思ってすぐに電気屋さんや専門業者に連絡をしてしまう方も多いでしょう。

 

配線トラブルやアンテナトラブルになると専門の方に来てもらわないと解決できませんが、実は案外単純なことが原因で映らないこともあります。業者を呼ぶのは、いちど自分で解決できるかどうか確認してからでも遅くありません。ここでは自分でできる確認ポイントをご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

地デジが映らない⁉ すぐ確認できる原因と対策を知ろう

テレビをいつものようにつけたら映らない、といったある日突然このようなことが起きることがあります。テレビの故障であれば修理や買い替えることで解決しますが、はたして本当にテレビの故障でしょうか。慌てて答えを出す前に、原因究明のためにひとつずつ確認をしていきましょう。

 

B-CASの確認

B-CASカードが奥までしっかり挿入されているか確認してください。カードを見た際に汚れているようなら、接触不良が起きている可能性があります。金色のICチップの部分を柔らかな布で優しく拭いてください。

 

B-CASカードの挿入口はテレビの機種によって異なります、上部、右側、左側…カバーがついて見えにくいかもしれません。わからないときは、テレビを購入したときに付属している取扱説明書を見ると記載されているので確認しましょう。

 

B-CASカードは3種類あります。赤、青、オレンジです。それぞれ色によって視聴できる番組が違うので、自分が希望している色のカードかチェックしてください。

  • ・青    … 地デジ専用
  • ・赤    … 地デジ、BS、CS用
  • ・オレンジ … CATV用
  •  

    電源の確認

    単純なことですが、コンセントが外れている、電源がOFFになっているということがあります。思わず足で引っ掛けてコンセントがゆるくなっていたり、主電源ごと落としていたりすると当然ながらテレビは映りません。中にはブレーカーが落ちている可能性もあります。コンセントの確認と、主電源をONにしましょう。

     

    設定の確認

    アナログのときとは違い、デジタルは自分で放送局の設定が必要です。最近では自動で設定してくれる製品もありますが、そうではない機種では自分でおこなわないといけません。チャンネル設定は付属のリモコンでメニューボタンや上下左右ボタンで操作します。製品によって操作手順は違うので、説明書で確認しましょう。

     

    一例をあげると、「各種設定」→「チャンネル設定」→「地デジチャンネル」→「再スキャン」で完了です。また、地域設定はできているが、リモコンの設定が違うこともあります。リモコンに「アナログ」「デジタル」「BS」「CS」と書かれた各ボタンがありますが、地デジなら「地デジ」の切り替えをしないと映りません。

     

    BSは映るけど地デジだけ映らない、特定CHだけ映らない…。

    BSは映るけど地デジだけ映らない、特定CHだけ映らない…。原因や対策は?

    原因や対策は?他のチャンネルは問題なく視聴できるのに、地デジのみ映らないといった現象もあります。この場合、どこに問題があり、どのように対処するのかを解説していきます。

     

    BSは映るけど地デジだけ映らないとき

    ・アンテナに問題がある

    地デジの電波を受け止めるアンテナの感度が問題であります。電波が弱い、強すぎる、どちらでも不具合が起こります。アンテナの受信レベルはリモコンでも確認できます。「受信設定」の項目から「受信レベルを確認」という項目があれば見てみましょう。

     

    受信レベルは赤、黄、緑のバーで表示されます。緑のラインは、快適な電波環境で問題ありません。黄のラインは、電波状況がやや悪いようです。でもなんとか受信はできているので視聴できる範囲です。赤のラインはエラーメッセージが出るレベルになります。電波障害があるか受信状況はよくないです。

     

    アンテナレベルが低い場合、地上デジタルアッテネーターをONにすることで電波レベルを上げることができます。アッテネーターとは、別名減衰器とも呼ばれ、受信信号を適切な信号レベルに合わせる役割をします。リモコンの「設定」→「放送受信設定」→「地上デジタルアッテネーター」→「入」にしてみましょう。

     

    ・配線の接続環境

    アンテナに問題ないときは、次は配線をチェックします。配線が抜けている、ゆるんでいる、亀裂が入っている、など問題がないか見てみます。アンテナプラグは抜けやすいので気をつけてください。

     

    テレビの裏を見て、アンテナ線が「地上デジタル入力端子」に接続されていることを確認してください。何かの不具合で接触不良が起きているかもしれません。いちど、すべての接続を外して、もう一度接続し直してみると映ることがあります。また、室内にブースターがあるなら電源が入っているか確認しましょう。切れているとテレビは映りません。

     

    特定CHが映らないとき

    地デジ放送の特定のチャンネルが映らないこともあります。この場合は、アンテナケーブルと接続ケーブルを確認してください。ちょっとした接続不良で映像が映らなくなります。また、設定チャンネルがあっていないこともあります。チャンネルスキャンをしてみましょう。

     

    エラーコードが出た!よくあるE202、E203、その他の意味

    画面にエラーコードが出ることがあります。エラーコードにはそれぞれ意味があり、これはどの製品も共通です。エラーコードが何を意味しているのか説明します。

     

    E202(受信できません)とE203(現在このチャンネルは放送を休止しています)

    E202が出たら、メンテナンス中か、障害が発生している可能性があります。「障害確認情報」がネットで見られるのでご自分の地域で障害がないか確認してみましょう。E203が出たら、そのまま放送が終わったか、チャンネル自体が放送休止しているかです。テレビ欄で放送番組があるのか確認してください。

     

    その他のエラーコードについて

  • ・E100 … B-CASカードのエラーです。カードを抜き挿ししたり、表と裏の確認をしてみたりしましょう。

  • ・E204 … チャンネルがありません。配信していないチャンネルを選局している可能性があります。番組表で正しいチャンネルを確認してください。

  • ・E205 … 契約していないチャンネルを選局している可能性があります。ご自分の契約内容を確認しましょう。

  •  

    また「契約が切れています」と出たら、B-CASカードに関する問題です。なんらかのトラブルで一時的にうまく受信できていないとこのようなエラーコードが出るので15分ほど待ってみると改善される場合があります。

     

    自分で解決は難しい?プロへまかせるべき原因とは?

    自分で解決は難しい?プロへまかせるべき原因とは?

     

    自分での確認方法をお伝えしましたが、それでも解決しないときや異常がみつからないこともあります。アンテナ本体の問題や壁中のケーブル配線など、自分で対処できません。以下の状態に当てはまるようであれば、自分で無理に解決しようとはせずにプロにまかせましょう。

     

    ・ブースターや分配器が故障している

    ブースターとはテレビ信号を増幅させる機器です。分配器は、電波を複数のテレビに分けて使用できる機器です。そもそもブースターがついていないこともあります。ブースターも分配器もどちらも専門の知識が必要なため、初心者での解決は難しいです。

     

    ・アンテナが折れている

    自然災害によってアンテナが折れたり、曲がったり、角度がずれることがあります。アンテナは屋根の上で高所となるので、不慣れな人が屋根の上で作業をするのは大変危険です。

     

    ・CATV、光などの設備不良

    電柱側のトラブルの可能性があります。電柱が原因だとまったく素人は手が出せません。

     

    まとめ

    いかがでしたでしょうか。いままで普通に映っていた地デジが映らなくなると、慌ててしまいます。そんなときはまずこちらの記事を参考に、自分で確認できることは確認してみてください。問題点がわかれば、専門業者への相談もスムーズにできます。

     

    ここに紹介した方法は、ちょっとしたことでテレビが映らなくなったときの簡単解決法です。中には、簡単に解決できないトラブルもあることを知っておきましょう。自分ではよくわからないときはアンテナ接続の対応ができる業者へご相談ください。

    深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!

    通話料無料!携帯電話 PHSもOK!

    0120-949-337

    24時間365日、日本全国受付対応中!

    • お急ぎの方へ
    • 無料相談はこちら

    利用規約はこちら

    CM

    日経ニュースプラス10

    「日経ニュースプラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

    • 無料お見積りの依頼
    • 無料お見積りで何するの?

    選ばれる3つの理由

    • よくあるご質問
    • 新着お客様の声
    • ご相談から作業完了まで
    • 料金のご案内
    • お急ぎの方へ

    各種クレジットカード使用可能です

    ※手数料がかかる場合がございます

    ※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

    情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

    プライバシー対策も万全です

    個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

    個人情報専門お問い合わせ窓口
    0120-122-103

    このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

    弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

    お電話1本で駆けつけます! 現地調査・お見積り無料

    24時間365日、日本全国受付対応中!通話料無料、携帯電話・PHSもOK! 0120-949-337

    設置 地デジ・BS・CSのアンテナを設置したい、交換 デザインアンテナに変えたいなど、修理 映らなくなった・壊れたなど

    ※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積りに費用をいただく場合がございます。