2017.11.30更新

BSをみるには何が必要?必要や機材や視聴方法を解説

BSをみるには何が必要?必要や機材や視聴方法を解説

 

ご自宅でBS放送をみたいと思ったことはないでしょうか?BSを受信することでみえる番組数が増えるため、より一層テレビを楽しむことができます。しかし、BSをみるにはアンテナの取り付けなど、電波を受信できる環境を作らなければいけません。


今回はBSをみるために必要な機材や方法をご紹介いたします。現在ではアンテナを設置しなくともみることができるようになりました。BSをみるためには正しい機材を揃え、準備を行うことで適した環境を作ることが重要です。



BSをみるために必要は機材

BSをみるには、BSアンテナ・アンテナケーブル・テレビが必要です。これらを組み合わせることでBS放送を受信することが可能になります。これら3点にはそれぞれ異なった役割があるためご紹介いたします。


・BSアンテナ

BS放送を受信するためにはまずアンテナが必要です。地上デジタル放送用のアンテナでは受信できないため、専用アンテナを用意する必要があります。BSアナログ用のアンテナを使用する場合は、BSデジタル放送の受信も可能です。


アンテナを設置する際には、周囲に大きなビルなどの障害物となるものがないのかを確認しましょう。アンテナの方向に障害物があると放送を受信することができなくなるため注意してください。アンテナの経が小さい場合や、アンテナ自体が古くなっているものだと受信ができない可能性もあるので気を付けましょう。


・アンテナケーブル

アンテナを設置するだけではBSをみることはできません。アンテナとテレビを繋ぐためのアンテナケーブルが必要になります。デジタルアンテナを選ぶ際には、BSデジタル対応のアンテナケーブルを使用しなければいけません。購入する際にはBSデジタル対応と表記されているかを確認し選択するよう注意してください。


・テレビ

テレビには最初からBSチューナーが内蔵されているものがあります。BS放送を受信するためにはチューナーは必要です。近年販売されているテレビには、チューナーが内蔵されているものがほとんどですが、内蔵されていないケースもあります。その場合は別途でチューナーの購入が必要です。チューナー内蔵テレビにはロゴマークが表記されているため、テレビ付属のマニュアルとともに確認しておくと良いでしょう。


高画質でBSを楽しみたいという方は、ハイビジョン放送に対応しているのかを確認するのがおすすめです。BSには標準画質とハイビジョン画質の放送がそれぞれあります。テレビによってはハイビジョン画質に対応していないものもあるため、高画質放送を求めている方は購入の際に注意しましょう。


ご家庭の状況によっては別途必要になるものもあります。先ほども述べたように、チューナーがない場合はBSデジタルチューナーの購入が必要です。買い替えるのではなく、昔のテレビを継続して使用したい場合にも有効です。


壁などに設置されているアンテナ端子が1つしかない場合は、分波器も必要になることがあります。分波器を使用することで、BS放送と地上デジタル放送の信号を2つに分けることが可能です。端子がすでに分かれている場合は不要になります。


BSをみる方法

BSをみる方法

 

BSをみるにはまずアンテナが必要です。アンテナはご自身で購入し設置することもできますが、その場合はアンテナ以外にもケーブルや取り付け金具などが必要になります。アンテナの設置は危険を伴う作業になることもあるため、専門の業者に依頼すると良いでしょう。


アンテナの設置が済みましたら壁のアンテナ端子からアンテナケーブルとテレビを接続します。端子が地上デジタル放送とBSデジタル放送に分かれている場合は、それぞれに合った端子へ接続してください。


BSをみるには、テレビやチューナーに同封されているB-CASカードが必要です。このカードの番号を認証することで、みることのできるチャンネルや録画などを管理しています。正しく挿入しなければBS放送も受信することができないので注意しましょう。


セッティングが済みましたらテレビのリモコンに付いているBSボタンを押すことで切り替えが可能になります。チャンネルが映らない場合は、以下の原因が考えられるので問題がないかをそれぞれ確認してください。


  • ・B-CASカードが裏表逆になっている
  • ・アンテナレベルが推奨値より低い
  • ・アンテナの角度が正しい方角を向いていない
  • ・アンテナの方角に障害物があり受信できない
  • ・合わせているチャンネルが間違っている
  • ・ケーブル端子、アンテナ端子がゆるくしっかりと繋がっていない
  • ・アンテナ、ケーブル、テレビの故障

  • アンテナなしでBSをみる方法

    BSをみるにはアンテナを設置するのが一般的ですが、現在ではアンテナなしでBSをみることも可能になってきました。FFTH回線や光回線を使用することでBSデジタル放送をアンテナなしで伝送するサービスが増えているのです。これらを使用しBSをみるには、回線を繋ぐための月額料がかかります。サービスにより月額料金が異なるため、契約の際に確認しておいてください。BS放送だけでなく地上デジタル放送もみることが可能です。


    アンテナが必要ないため立地や障害物に関する問題を考えなくても良くなります。アンテナの場合は大雨が降ってしまうと上手く受信できず、映像に乱れが生じてしまいます。しかし、光回線は電波の状況に左右されにくいため、天候に関係なく安定して受信できます。


    マンションでBSをみるには?

    マンションでBSをみるには?

     

    マンションによっては最初からBSに対応していることがあります。対応している場合は、共同受信アンテナが設置されていることが多いため管理人の方に確認を取ると良いです。設置されていたとしても設備が古く、BSデジタルに対応していない可能性もあるので気を付けましょう。


    共用アンテナがない場合はご自分でベランダに設置することも可能です。BSアンテナは建物を傷つけることなく設置することができます。しかし、マンションの規定により外に設置することができない場合もあるので注意してください。そのような場合は室内にアンテナを設置することも可能です。近年のアンテナは精度が上がっているため、室内用のアンテナスタンドなどを使用し窓の近くに置くことで効果が発揮されます。


    まとめ

    BSをみるには必要な機材を揃え、受信可能な環境を作ることが重要です。機材を購入する際にはBS放送に適したものを選ぶとよいでしょう。アンテナの角度やケーブルの接続などにも気を付けておくことで、みえなくなるといった問題を防ぐこともできます。アンテナを設置しないことも可能なため、ご自分の生活環境に合わせて選択するのが良いでしょう。

    深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!

    通話料無料!携帯電話 PHSもOK!

    0120-949-337

    24時間365日、日本全国受付対応中!

    • お急ぎの方へ
    • 無料相談はこちら

    利用規約はこちら

    CM

    日経ニュースプラス10

    「日経ニュースプラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

    • 無料お見積りの依頼
    • 無料お見積りで何するの?

    選ばれる3つの理由

    • よくあるご質問
    • 新着お客様の声
    • ご相談から作業完了まで
    • 料金のご案内
    • お急ぎの方へ

    各種クレジットカード使用可能です

    ※手数料がかかる場合がございます

    ※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

    情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

    プライバシー対策も万全です

    個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

    個人情報専門お問い合わせ窓口
    0120-122-103

    このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

    弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

    お電話1本で駆けつけます! 現地調査・お見積り無料

    24時間365日、日本全国受付対応中!通話料無料、携帯電話・PHSもOK! 0120-949-337

    設置 地デジ・BS・CSのアンテナを設置したい、交換 デザインアンテナに変えたいなど、修理 映らなくなった・壊れたなど

    ※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。