テレビで特定のチャンネルが乱れる/ブロックノイズが出るなら配線・アンテナ本体の不具合かも!

2021.02.25

原因は電波不足!配線・アンテナの不具合はプロに直してもらおう!

テレビを見ていて、特定のチャンネルで映像が乱れる・ブロックノイズが出るといった場合には、電波不足が疑われます。
この場合、アンテナとテレビ間の配線で不具合が起きていることが多いです。

具体的には、アンテナケーブルの接続やブースター・分配器といった配線機器の不具合など。
ただ、このように原因は複数あるため特定が難しいです。
また、配線が屋根裏にあるなら自分での対処は難しいでしょう。
さらに、アンテナ本体の不具合が原因である可能性もあり、この場合は危険を伴ううえ専門知識・専門技術も必要になるため、より自分での対処は難しいです。

そのためこの場合は、【アンテナ110番】にぜひご相談ください。
【アンテナ110番】では、配線・アンテナ本体の不具合にプロが対応します。
ご相談とお見積りは無料となっていますので、まずはお気軽にお電話ください。

0120-949-337

テレビが特定チャンネルで乱れる・ブロックノイズが出るのは電波不足のせい

テレビを見ていて特定のチャンネルで映像が乱れるなら、それは電波不足のせいであることが多いです。
また、ブロックノイズが出る場合も同様です。

ブロックノイズって?

テレビ画面にブロック状のモザイクがかかってしまう現象のこと
デジタル放送で起こる代表的なノイズ

簡単にいうと、テレビに十分な電波が届かなくなっている状態ですね。
そんな電波不足が起こる原因は、大きく2つあります。

電波不足が起こる原因
  • アンテナ本体の不具合
  • アンテナ~テレビ間の配線での不具合

ここではそれぞれ具体的にどういうことなのか、また対処法をご紹介していきます。

原因1|アンテナ本体の不具合

そもそもテレビの電波は、アンテナが受信します。
そのため、電波不足をはじめとした電波に関するトラブルが起きたときは、まずアンテナの不具合が疑われます。

なお、具体的な電波不足になるアンテナの不具合は以下の通りです。

アンテナの不具合
  • 向きがずれている
  • 折れるなど故障している

テレビの電波というのは、地デジにしろBS/CSにしろ、決まった方向にアンテナを向けることで受信できます。
しかし、台風による強風などによって、そのアンテナの向きがずれてしまうことがあるのです。
また、積雪によってアンテナが倒れたり、さらには折れるなど故障したりすることもあります。
そうなると、アンテナが電波をしっかり受信できなくなり、当然テレビにも電波が届けられなくなり、電波不足という症状を招いてしまうのです。

なお、この場合の対処法は、アンテナの向きを調整することや修理また交換することになります。
ただアンテナが屋根に設置されているなら、高所作業になるため自分でおこなうのは危険です。
また、そもそもアンテナの向きの調整はとても細かくおこなわなければならず、専門知識・専門技術、さらには専用の道具が必要になることもあります。
そのため、対処はプロに任せるようにしましょう。

【アンテナ110番】では、もちろんそんなアンテナの向きの調整、さらには修理・交換にもプロが対応しています。
そのためアンテナの不具合は、ぜひ【アンテナ110番】にご相談ください。
ご相談はもちろん、お見積りも無料となっています。

費用に不安がある方へ

アンテナの不具合をプロに相談するとなると、費用が気になる方も多いかもしれません。
しかし、天災によってアンテナに不具合が生じたのなら、火災保険を使えるので0円でトラブルを解決できることがあります。
そのため、まずは【アンテナ110番】にご相談ください。

原因2|アンテナ~テレビ間の配線での不具合

先ほどお伝えしたように、テレビの電波はまずアンテナが受信します。
そして電波がテレビまで届けられるまでには、以下のように配線を通ることになります。

そのため、配線の中に不具合があることでも電波をテレビまで届けられず、電波不足になることがあるのです。
なお、特定のチャンネルで映像が乱れる・ブロックノイズが出るといった場合には、これが原因であることが多いです。

アンテナケーブルの接続を確認

配線の不具合としては、アンテナケーブルの接続に問題あることが疑われます。
そのため、まずはアンテナケーブルがしっかり接続されているか確認しましょう。
とくに確認したいポイントは以下の通りです。

アンテナケーブルの接続で確認したいポイント
  • アンテナケーブルが抜けていないか
  • アンテナケーブルの接続が緩んでいないか
  • アンテナケーブルが断線していないか
  • アンテナケーブルの接続部分の芯線(先端にある銅線)が折れたり曲がったりしていないか
  • 壁とテレビの端子が正しく接続されているか

アンテナケーブルの抜け・緩みは、接触不良を起こして電波をテレビに届けられなくなる原因になるため、もしそのような状態になっているならしっかり接続し直しましょう。
また、アンテナケーブルが断線や芯線の折れ・曲がりによって故障している場合も、同じように電波不足を招きます。
アンテナケーブルが故障しているなら、新しく交換するようにしてください。

なお、壁とテレビの端子がそれぞれ地デジ同士・BS/CS同士で接続されているかも確認ポイントです。
ちなみに、先ほどの確認ポイントにはありませんが、壁とテレビ間にレコーダーなどの周辺機器を挟んでいるなら、ここもしっかり接続されているか確認してくださいね。

他の配線機器での不具合が原因かも

ここまではアンテナケーブルの接続トラブルによる電波不足についてご紹介してきましたが、配線の不具合としては他にも考えられることがあります。
それが、アンテナケーブルによるブースターや分配器との接続、またこれらの配線機器での不具合です。

ブースターって?

電波を増幅させる機器
→複数のテレビを見ることで弱くなる電波を強くして電波不足を起こさないために使う

分配器って?

電波をわける機器
→複数のテレビに電波をわけて届けるために使う

これらの配線機器も、アンテナケーブルで接続されています。
そのため、そんな配線機器との接続に不具合があることでも電波不足を起こすことがあるのです。

また、上記で触れているようにブースターは受信した電波を増幅させるための機器ですが、この電源が入っていないなどでしっかり機能していないことも原因としては考えられます。
そして、当然これらの配線機器が故障している場合も、電波不足の原因になることがあります。

ただ、このような配線を自分で確認したり接続し直したりすることは難しい場合が多いでしょう。
というのも、ブースターや分配器は基本的には目に見えないところ、たとえば屋根裏などにあるのです。
そのため、こういった配線の不具合への対処もプロに任せるようにしましょう。

なお、【アンテナ110番】ならそんな配線の不具合にもプロが対応することができます。
具体的な原因をしっかり特定し、確実にトラブルを解決できますので、ぜひご利用ください。

0120-949-337

自分で簡単に対処できるケースもある

テレビを見ていて特定のチャンネルで映像が乱れる・ブロックノイズが出るときには、ここまででご紹介してきた電波不足のせいであることが多いです。
そして具体的な原因の配線・アンテナ本体の不具合は自分での対処が難しいことが多いので、基本的にはプロに任せるのがオススメとなります。

しかし、このトラブルは意外なことが原因となっていることがあり、自分で簡単に解決できることもあるのです。
それが以下のようなケースになります。

自分で解決できるケース
  • チャンネル設定をやり直す
  • B-CASカードが正しく挿入されているか確認する

チャンネル設定をやり直す

テレビを見るためには、そもそもチャンネル設定という初期設定が必要です。

チャンネル設定って?

テレビ番組を見るための初期設定のこと
放送局を地域ごとに設定するもの

引っ越しをしたりテレビを買い替えたりしたなら、このチャンネル設定をおこなえていないことが原因でトラブルが起きているかもしれません。
そのため、この場合はチャンネル設定をおこないましょう。

また、引っ越しやテレビの買い替えをしていない場合でも、放送局の開局や変更によってテレビの映像の乱れやノイズが出るといったトラブルが起こることもあります。
そのため、この場合も同様にチャンネル設定をやり直してみてください。

なお、チャンネル設定のやり方は基本的には以下のようになります。

チャンネル設定のやり方
  1. リモコンを操作してメニュー画面を開いて設定に関する項目を選択
  2. チャンネル設定に関する項目を選択
  3. 地デジ・BS/CSからチャンネル設定をおこないたいものを選択
  4. 再スキャンの項目を選択

※参考 総務省テレビ混信対策センター

B-CASカードが正しく挿入されているか確認する

テレビを見るためには、チャンネル設定だけでなくB-CASカードも必要です。

B-CASカードって?

デジタル放送を見るために必要なカード
テレビをはじめとした受信機に挿入して使う

そして、このB-CASカードが正しく挿入されていないこともトラブルの原因になることがあります。
そのため、一度B-CASカードが正しく挿入されているかどうかも確認してみましょう。

ちなみにB-CASカードは、テレビの背面に挿入口がありますが、実際の挿入口の場所は上や左右などテレビによって異なります。
以下のイメージを参考に、確認してみてください。

また、B-CASカードを確認する際には以下のことがチェックポイントになるので、あわせて参考にしてみてくださいね。

B-CASカードを確認するときのチェックポイント
  • B-CASカードを挿入する向きは正しいか
  • B-CASカードが奥までしっかり挿入されているか
  • B-CASカードのIC部分が汚れていないか
    →テレビに読み込ませる部分なので汚れているならやわらかい布で拭く
  • 正しいB-CASカードが挿入されているか
    →地デジ・BS/CS対応テレビなら青色
    →地デジ専用テレビなら赤色

そもそも受信強度(アンテナレベル)が弱いのかも

ここまで、テレビを見ていて特定のチャンネルで映像が乱れる・ブロックノイズが出るといったときの原因と対処法をご紹介してきました。
しかし、配線やアンテナ本体、またチャンネル設定やB-CASカードにとくに問題が見られないといった方もいるかもしれませんね。

なおこの場合には、そもそも受信強度(アンテナレベル)が弱いことが疑われます。
つまり、根本的にテレビに十分な電波が届かない状態であるということです。

具体的には以下のようなケースが考えられます。

受信強度が弱いケース
  • そもそも電波が弱い地域
    →電波の強さは電界と呼ばれて地域ごとに強電界・中電界・弱電界にわけられるが、弱電界となると十分に受信できないことがある
  • アンテナ~テレビ間の距離が遠い
    →アンテナとテレビ間の配線での不具合はなくても、電波はこの距離によって減衰(弱くなって)して十分に届けられなくなる

このときには、受信強度の低下が見られるので、まずはこれを確認してみましょう。

受信強度(アンテナレベル)の確認方法・目安

受信強度は、リモコンを操作することでテレビ画面にて確認できます。

ただ、実際の確認方法はメーカー・テレビの機種によって異なります。
また受信強度の目安に関しても同様に異なるため、お持ちのテレビで確認する際は取扱説明書などをチェックしてください。

受信強度の確認方法・目安

▼シャープ

  1. リモコンで受信強度を確認したい放送の種類(地デジ・BS/CS)とチャンネルを選択
  2. リモコンのホームを選択
  3. 設定を選択
  4. テレビ放送設定を選択
  5. アンテナ設定を選択
  6. 電源・受信強度表示を選択

〇目安
地デジ・BS/CS共通:60以上必要

▼ソニー

  1. 受信強度を確認したいチャンネルにあわせてリモコンのホームを選択
  2. 設定もしくは設定/その他を選択
  3. 詳細設定から放送受信設定を選択
  4. 地上デジタルアンテナレベルまたはBS/CSデジタルアンテナレベルを選択

〇目安
地デジ・BS/CS共通:緑色のめもりになっている

▼パナソニック

  1. テレビを見ている状態でリモコンのサブメニューを選択
  2. 視聴オプションを選択
  3. アンテナレベルを選択

〇目安
地デジ:44以上
BS/CS:50以上

なお、受信強度を確認して、目安よりも低下している場合は、ブースターを設置することが対処法になります。

対処法はブースターの設置

すでに触れていますが、ブースターとは電波を増幅させる機器です。
そのため、そもそも受信強度が弱い場合には、ブースターの設置によって強くすることができます。

なお、ブースターには大きく屋内用と屋外用の2種類がありますが、手軽に導入したいなら屋内用がオススメです。
壁とテレビの端子の間に配線するだけなので、自分でも簡単に設置することができます。

ただし、根本的に受信している電波が弱い場合、屋内用のブースターでは十分な効果が得られない可能性が高いです。
なぜなら、屋内用のブースターは基本的に複数のテレビを見るときのためのものであるため。

複数のテレビを見るためには、分配器を使って電波をわけてそれぞれに届けるようにします。
ただこのとき、電波はわけられることで弱くなるのです。
そんなときに少し電波を強くできるのが、屋内用のブースターというわけです。

一方屋外用のブースターは、アンテナ直下に設置します。
そのため、アンテナが電波を受信する、そのポイントで増幅させることができるのです。
よって、そもそも受信電波が弱いなら、こちらの屋外用のブースターを設置するのが基本となります。

ただ屋外用のブースターは、先ほどもお伝えしたようにアンテナ直下に設置するものです。
そのため、自分で設置するには高所作業となり危険を伴います。
また、これは屋内用のブースターにもいえることですが、設置場所以外に性能面においてもさまざまな種類があり、適したものを選ぶのも難しいです。
そのため、ブースターの設置はプロに任せるようにしましょう。

なお、【アンテナ110番】ではブースターの設置にも対応できますので、ぜひご相談ください。

0120-949-337

外的要因による電波障害の可能性もある

ここまでは配線・アンテナの不具合など、内的要因によってテレビの映りが乱れたりブロックノイズが出たりするケースについてご紹介してきました。
しかし、このトラブルは外的要因による電波障害のせいで起こるケースもあるのです。

具体的には、以下のようなケースになります。

電波障害の例
  • 激しい雨が降っている
  • 高層ビルなどの障害物がある

なお、テレビの映りの乱れやブロックノイズが出ることがこれらの影響によるものかは、近所でも同様の症状が出ているかどうかで判断できます。
周辺の家でも同じ症状が出ているなら、これらのような電波障害によるものであるといえるでしょう。

では、そんなときにはどのように対処すればよいのでしょうか。

電波障害への対処法

外的要因による電波障害への対処法としては、以下のようなことがあげられます。

電波障害への対処法
  • アンテナの設置場所の調整・変更
  • 高性能アンテナへの交換
  • ブースターの設置・設置場所の変更

まずは、設置されているアンテナの場所の調整・変更があげられます。
先ほど、高層ビルなどの障害物を電波障害の例としてご紹介しましたが、こういった場合にはアンテナの設置場所を調整したり変更したりすることで電波を受信できるようになることがあるのです。

また、電波障害への対処法としては、高性能アンテナに交換するのもひとつの手です。
もし室内アンテナやデザインアンテナ(壁に設置する箱型のアンテナ)を使っているなら、じつはこれらはそもそも電波感度に優れたタイプのものではありません。
この場合は、より受信感度の優れた八木式アンテナ(魚の骨のような形のアンテナ)に交換することでトラブルを解決できることがあります。

他にも、ブースターを設置することも電波障害への対処法のひとつです。

また、屋内用のブースターを設置しているなら、より電波を増幅させられる屋外用のブースターに変更するという手もありますよ。

ただこれらの対処法は、いずれも一般の方がおこなうのでは難しいです。
アンテナの向きの調整や交換・設置には専門知識・専門技術が必要になりますし、そもそも屋根にのぼる必要があるなら危険を伴います。

そのため、この場合は【アンテナ110番】にご相談ください。
【アンテナ110番】なら、アンテナの移設や交換、またブースターの設置などにもプロがしっかり対応することができます。
ご相談とお見積りは無料となっていますので、まずは一度お気軽にお電話ください。

0120-949-337

マンションに住んでいるならどうすればよい?

マンションなどの集合住宅では、基本的に共同アンテナといって1つのアンテナから各部屋に電波を届ける仕組みになっています。
そのため、隣の部屋でもテレビの映りが乱れたりノイズが出たりするといっても、外的要因による電波障害のせいとは断言できません。

どちらかというと、この場合は配線・アンテナ本体の不具合が原因である可能性が高いです。
とはいえ、マンションなどの集合住宅においてはそんな配線・アンテナは管理会社や大家さんの設備になります。

そのため、配線・アンテナの不具合なのか電波障害なのか、いずれにしてもまずは管理会社や大家さんに相談するようにしましょう。

配線・アンテナの不具合は専門業者に任せるのがベスト

この記事では、テレビを見ていて特定のチャンネルで映像が乱れる・ブロックノイズが出るといったトラブルについて、原因と対処法をご紹介してきました。

ただ結論、原因としては配線・アンテナの不具合である可能性が高いです。
そしてこの場合、対処するには危険を伴い、また専門知識・専門技術が必要になります。

そのため、テレビの映りの乱れやノイズが出るといった際には、ぜひ【アンテナ110番】にご相談ください。

【アンテナ110番】なら配線・アンテナの不具合に加え、ブースター設置など幅広く対応可能

【アンテナ110番】なら、配線・アンテナの不具合にプロがしっかり対応します。

そのため、自分では原因の特定や対処が難しい屋根裏の配線の不具合も確実に解決することができます。
また、高所作業となるアンテナの不具合への対処も安全におこなえますよ。
さらに、受信強度が弱いといった場合にはブースターの設置などにも対応することができます。

このように、【アンテナ110番】では幅広く対応することができます。
ご相談はもちろん、具体的なお見積りも無料で対応できますので、まずは一度お気軽にお電話ください。

テレビアンテナの取り付け・工事ならアンテナ110番にお任せ!
通話
無料
0120-949-337 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください! 0120-949-337

利用規約プライバシーポリシー

CM

メディア情報

メディア情報写真

日本経済新聞2020/2/25 掲載

「NEXT1000」5位選出 専門業者とマッチング

KBC九州朝日放送2019/5/21 放送

FOR YOU

テレビ朝日2019/5/7 放送

ワイドスクランブル

日経産業新聞2019/3/26 掲載

「困りごと解決-140種対応「アマゾン」目指す、個人同士の基盤作りも」

読売テレビ2018/9/19 放送

かんさい情報ネットten.

BSジャパン2018/8/16 放送

日経プラス10

テレビ番組や新聞に当社事業やサービスについて取り上げられました。

  • 無料お見積りの依頼
  • 無料お見積りで何するの?

選ばれる3つの理由

  • よくあるご質問
  • 新着お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 料金のご案内
  • お急ぎの方へ

即日対応可能です!お見積り後のキャンセルも可能!

24時間365日、日本全国受付対応中!通話料無料、携帯電話・PHSもOK!0120-949-337

設置 地デジ・BS・CSのアンテナを設置したい、交換 デザインアンテナに変えたいなど、修理 映らなくなった・壊れたなど

※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積りに費用をいただく場合がございます。