テレビのブロックノイズの原因と対処法|まず確認したい4つのこと

2021.02.25

「急にブロックノイズが現れた」「テレビの画像がおかしい」といったときは、初期設定やB-CASカードの確認など、まずは自分でできる簡単な対処法から試してみてください。ブロックノイズの原因が接触不良などの簡単なものであれば、これからお伝えする方法で自力で対処できる可能性があります。

ただし、それでも直らなければ業者に調査を依頼して原因を突き止めてから、原因に合った対処法をおこなうことが解決への近道です。この記事では、ブロックノイズの対処法を詳しく説明していきますので、ぜひ参考にして適切に対処されてくださいね。

プロがノイズ原因を分析!無料で電波調査とお見積りします
通話
無料
0120-949-337 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

ブロックノイズとは?

ブロックノイズとは、テレビ画面にブロック状のモザイクがかかってしまう現象のことです。デジタル放送で起こるノイズは、このブロックノイズが多いといわれています。

また、地上デジタル放送では、ほかにも”モスキートノイズ”や”バーストノイズ”などのノイズが発生することがあります。モスキートノイズとは、テレビ全体の画質が劣化してしまう現象で、高画質処理が追い付かない場合に発生します。また、バーストノイズとは、画面の一部分が止まってしまう現象です。

このモスキートノイズやバーストノイズは、時間がたてば解消されることがほとんどです。ご自宅で起きているノイズがこうしたノイズである場合は、しばらく待ってみるとよいでしょう。

ブロックノイズを自分で除去する4つの方法

見落としがちなチェックポイントを確認

ブロックノイズは、原因によっては自分で除去できる可能性があります。そこで、ここではブロックノイズを自分で除去するための方法について4つご紹介しますので、ぜひ試してみてください。

【1】チャンネルの再設定をする

テレビを買い替えたり引っ越しをしたりした場合には、チャンネルスキャンや地域設定といった設定が必要となります。ブロックノイズが起きたときには、このチャンネル設定を再度おこなうことで解消できる可能性があります。

チャンネルの再設定はテレビのリモコンのホームボタンや設定ボタンからおこなうことが可能です。テレビのメーカーや型番によって設定方法が異なるため、詳しくは取扱説明書をご確認ください。

【2】B-CASカードを確認する

B-CASカードがしっかり挿入されていますか。B-CASカードは地上デジタル放送やBS/CS放送を視聴するために必要なカードのことで、カードの挿入口は多くの場合テレビの側面や上部にあります。

このB-CASカードがしっかりと差し込まれていないと、ブロックノイズが起こることがあります。B-CASカードを確認し、しっかりと差し込まれていない場合にはB-CASカードを入れ直してみるとよいでしょう。

【3】配線の不具合を確認する

アンテナケーブルの接触不良も、画像が乱れるブロックノイズの原因とされています。アンテナケーブルとは、アンテナ端子とテレビや配線機器(分配器や分波器など)をつなぐ線のことです。

全チャンネルに影響はないものの、特定のチャンネルだけブロックノイズが発生しているという場合はアンテナケーブルの接触不良が原因であることが多いようです。なお、接触不良は以下のようなことが起きているときに発生するため、ご自宅のアンテナケーブルを確認してみてください。

  • アンテナケーブルの差し込み部分が緩んでいる
  • アンテナケーブルが断線している
  • 芯線(芯線(アンテナケーブルの先端にある銅線)が折れている

とくに、録画でブロックノイズが起きている場合は、ケーブルの接触不良かBDレコーダーの故障であることが多いようです。そのため、とくに注意してケーブルを確認してみてください。

【4】自宅以外に影響はないかを確認する

ここまでご紹介した方法を試してみても直らないときは、一度ご近所の方にテレビがうまく映るかを確認してみるとよいでしょう。もしご近所でも同様にテレビが映らないときには、外部で電波障害が起きていることが考えられます。

外部の電波障害は、近くで大掛かりな工事をしているときや激しい雨が降っているときに起こることがあるようです。また、集合住宅では共同アンテナの故障も考えられます。激しい雨が降っている場合は雨がやめば解消できる可能性が高いですが、そうでなければ自治体(持ち家の場合)や大家さん(集合住宅の場合)に相談してみるとよいでしょう。

ここまで自分でできるブロックノイズの除去方法についてお伝えしてきましたが、もしここまでご紹介した方法で解消できない場合には、ほかに原因があるかもしれません。その原因については、次の章からご紹介します。

ただ、光回線やケーブルテレビをお使いの方は、一度契約している会社に相談してみるとよいかもしれません。

自分で解決できない場合に考えられる原因と対処法

ブロックノイズの原因

ここまでご紹介した方法でも解決できない場合は、以下のような原因が考えられます。

【原因1】アンテナのずれ

テレビアンテナは、設置時に送信所や通信衛星の方向に向けられて設置されています。しかし、台風などで強風が吹くとアンテナがずれてしまうことがあります。すると、アンテナが電波をうまく受信することができなくなり、ノイズが起きてしまうことがあるのです。その場合は、アンテナのずれを正しい方向に直すことでノイズを解消することができるでしょう。

【原因2】電波不足

近くに新しいビルが建つなど、電波の受信方向に障害物ができた場合、電波の供給量が低下する”電波不足”が起こるおそれがあります。電波不足が起こると地デジの全チャンネルに影響があるとされていて、音声や解像度などほかにも影響が出ることもあるようです。

もしこの電波不足でブロックノイズが発生している場合は、ブースターを使用することで改善できるかもしれません。ブースターとは、電波を増幅するための機器で、一般的にアンテナの下に取り付けて使用します。

このブースターには屋内用のものと屋外用のものがありますが、電波不足の場合は屋外用を取り付けるとよいでしょう。屋内用のものはブースター電源が必要ないものが多いため取り付けは比較的簡単ですが、補強できる電波が弱くなりやすい欠点があります。一方、屋外用のものは、大幅な電波の増幅が期待できるのです。

【原因3】機器の劣化や故障

ブロックノイズは、アンテナやテレビが故障しているときにも起こります。もし故障している場合には、業者に修理か交換を依頼することになります。ただし、アンテナやテレビが寿命を迎えている場合は、修理よりも交換するのがおすすめです。寿命を迎えているテレビやアンテナを修理したとしても、再び故障してしまい修理費用がかさんでしまうおそれがあるからです。

テレビの場合は10年が寿命だといわれているので、10年以上使用しているときは新しいものと交換するのがよいでしょう。また、保証期間を過ぎているときも、修理よりもテレビを購入したほうが費用を抑えることができるかもしれません。10年経過していない場合でも、保証期間を過ぎている場合は交換を検討してもよいでしょう。

また、アンテナも平均すると10年程度で寿命を迎えるといわれていますが、アンテナの場合は使用環境によって寿命が大きく異なり、20年以上持つケースもあるといわれています。塗装の剥がれや部品のサビ、支柱などの器具のぐらつきは寿命が近づいているサインといえますので、一度アンテナを確認してみるとよいでしょう。

ただしアンテナの場所によっては、高所からの転落や、落下物による事故を引き起こすといった危険があるため、作業に慣れている業者に点検を依頼することをおすすめします。

ここまで、アンテナのずれ・電波不足・機器の劣化や故障の対処法をご紹介してきましたが、基本的にこれらの原因の特定や対処を正確におこなうのは難しいのが実際です。そのため、早い段階でプロに頼った方がすぐ解決でき、状況の悪化や二次被害なども避けられるため賢明といえるでしょう。

テレビの不調で相談先や依頼先に迷ったときは、無料相談やノイズ原因を無料調査してくれるアンテナ業者数件に、コンタクトを取ってみるのがおすすめです。時間がない方のサポートができるよう、弊社でもフリーダイヤルで24時間ご相談を受け付けております。ご要望があれば、お近くの実績あるアンテナ業者お探しすることも可能です。ご予算にあわなければもちろんキャンセルできるため、安心してご利用いただけます。相談先のひとつとして、いつでもお気軽にご活用くださいね。

「調査の相談だけ」「料金の質問だけ」でも大丈夫です!
通話
無料
0120-949-337 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

まとめ

ブロックノイズは自分でも簡単に対処できる可能性もあるため、まずは簡単な方法から試してみてください。もし自分でも対処できなかった場合、アンテナのずれや電波不足、機器の劣化や故障などの原因が考えられます。これらの原因の特定や対処は自分では難しいため、プロに依頼するのが賢明です。

弊社では、お近くの実績あるアンテナ工事業者をお探しするサポートを、24時間体制で受付中です。「すぐにテレビを見れるようにしたい」という場合でも、時間を気にせずいつでも相談していただけます。

業者利用が初めてのかたでも、手順や料金のことなどなんでもご質問いただき、無料調査や見積り結果をご覧いただいた上で安心してご利用いただけます。今ブロックノイズにお悩みの方は、ぜひお気軽に弊社までご相談くださいね。

【ノイズによるトラブル・悩みに関する記事はこちら】

テレビアンテナを調整するには?エラーの原因と改善策をご紹介します
B-CASのカードエラーの3つの原因!コード別対処法と故障判別法
地デジで電波障害!防ぐためにできることは?原因と対策まとめ
テレビ画面に「受信できない」と表示される原因は5つ。対処法も紹介
E203が出てテレビが映らない原因は?確認すること・対処法を解説
E202エラーコード表示|アンテナレベルが低下する原因と対処法!
テレビ画面の砂嵐はデジタル放送でも起こる?スノーノイズについて
テレビ「信号がありません」と表示されたときに試したい3つの方法
テレビ画面の横線の直し方についてご紹介│寿命や修理の依頼先ついて

テレビアンテナの取り付け・工事ならアンテナ110番にお任せ!
通話
無料
0120-949-337 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!

利用規約プライバシーポリシー

CM

メディア情報

メディア情報写真

日本経済新聞2020/2/25 掲載

「NEXT1000」5位選出 専門業者とマッチング

KBC九州朝日放送2019/5/21 放送

FOR YOU

テレビ朝日2019/5/7 放送

ワイドスクランブル

日経産業新聞2019/3/26 掲載

「困りごと解決-140種対応「アマゾン」目指す、個人同士の基盤作りも」

読売テレビ2018/9/19 放送

かんさい情報ネットten.

BSジャパン2018/8/16 放送

日経プラス10

テレビ番組や新聞に当社事業やサービスについて取り上げられました。

  • 無料お見積りの依頼
  • 無料お見積りで何するの?

選ばれる3つの理由

  • よくあるご質問
  • 新着お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 料金のご案内
  • お急ぎの方へ

即日対応可能です!お見積り後のキャンセルも可能!

24時間365日、日本全国受付対応中!通話料無料、携帯電話・PHSもOK! 0120-949-337

設置 地デジ・BS・CSのアンテナを設置したい、交換 デザインアンテナに変えたいなど、修理 映らなくなった・壊れたなど

※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積りに費用をいただく場合がございます。