2017.06.23更新

テレビアンテナにブースター設置!強力な屋外用機器で視聴を快適に

テレビアンテナに関連することを調べていると、「ブースター」という言葉を見たり聞いたりする機会があるでしょう。

ブースターは直訳すると「後押しするもの」という意味があり、テレビアンテナに関していえば増幅器のことを指します。つまり、アンテナが受信する信号を増幅するための機器です。

そのため、テレビの映りが悪いときはブースターを設置することでそのトラブルが解消できる場合があります。

ただし、ブースターには複数の種類があるため、状況に合わせて適切なものを選択し、正しい場所に設置する必要があるのです。

種類や設置場所が不適切であれば、効果を発揮しないどころか別のトラブルを引き起こすおそれもあります。

この記事では、ブースターの種類や設置場所、設置方法などをご紹介します。ぜひ参考にしてください。

アンテナ工事・取り付けならアンテナ110番にお任せください!
通話
無料
0120-949-337 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

テレビブースターにできること

ブースターのおもな効果は以下の3つです。

  • 電波信号を増幅させること
  • 分配損失(分配器で電波を分けることによって足りなくなってしまったという電波の値)の補償
  • ケーブル損失(アンテナケーブル内の電波トラブル)の補償

一見どのご家庭にもプラスになる機能のようですが、じつはブースターは必ず必要なものというわけではありません

もともと受信する電波のレベルが高い場合や、電波信号を複数のケーブルに分配する必要がない場合は、設置しなくてもよいケースもあるのです。では、どのようなときに設置すべきなのか、必要な場合を確認してみましょう。

発信基地の電波が弱い場合

ブースターの設置が必要な場合とは?

もともと発信基地の電波が弱い地域にお住まいの場合はブースターの設置が必要です。テレビや配線が新しい状態など、機器に問題がある可能性が低いときは、発信基地が原因でテレビの映りが悪いかもしれません。

地デジの受信電波が弱くなったとき

特定のチャンネルが視聴できなくなった、映りが悪くなったという症状がある場合、それは受信電波が弱いことが原因かもしれません。ブースターを利用することによって受信する電波を増幅し、きれいな映像を視聴できることがあります。

建物が受信の邪魔になっているとき

これまで問題なく視聴できていたのに、近くに大型ビルが建ったらテレビ映りの調子が悪くなってしまったというケースも多いです。

この場合は、障害物によって電波が受信しにくくなってしまったことが原因でしょう。ブースターを設置することにより解消できることがあります。

複数台のテレビを使いたいとき(分配器をつけたとき)

複数台のテレビを視聴するためには分配器で電波を分ける必要があるのですが、電波を分けるとそれぞれのテレビに届く電波は弱くなってしまいます。これが先述した分配損失です。

この分配損失が生じることによって必要な電波の強さを下回ってしまうと、テレビの性能の良し悪しに関わらずテレビの映りが悪くなってしまいます。

ほかにも、ブロックノイズが現れたり、E201エラーが表示されたりすることもあります。必要な電波の強さを維持させるためには、ブースターの電波増幅が効果を発揮するのです。

10メートル以上のアンテナケーブルを使うとき

電波は、分配しなくても長いケーブルを使用するだけで弱まってしまう場合があり、10メートルあたり3dbのケーブル損失が発生するといわれているのです。

不具合がある場合は、ケーブルの長さでどれぐらい電波が損失をしているのか概算することができます。ブースターを使用して、損失分の補償をしましょう。

ご紹介した5つのケースは、ブースターの設置でトラブル解決につながる可能性が高いです。しかし、一度設置すればよいというものではなく、10~15年でブースターの寿命がくるので、故障する前に交換する必要があります。

また、上記のようなケースに当てはまらないアンテナやテレビ本体の不具合が原因で映像が乱れていることもあるでしょう。テレビ本体は買い替えればよいですが、アンテナは業者による修理が必要です。

アンテナを扱う業者は数多く存在しますので、選ぶのが難しい場合は弊社に一度ご相談ください。アンテナ修理からブースター設置まで対応可能な業者をご紹介いたします。

アンテナ工事・取り付けならアンテナ110番にお任せください!
通話
無料
0120-949-337 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

ブースターには種類がある【屋外・屋内・BSCS対応】

地上デジタル放送と衛星放送ではアンテナが異なるように、ブースターにもいくつか種類が存在します。おもな種類は3つです。ご自宅で受信している電波の種類を確認してから、適したものを購入しましょう。

  • 地上デジタル放送(UHF)用
  • BS・CS放送に対応しているもの
  • 4K8Kに対応しているもの

上記の3種類は、対応する周波数(MHz)が異なり、それぞれアンテナの近くに取り付ける屋外用のものと、テレビの近くなど卓上に設置する屋内用のものがあります。

高い効果を発揮するものは屋外用なので、受信電波が著しく弱い場合は屋外用のブースターが必要です。しかし、なかには少し受信する電波を強くしたいだけという方もいるでしょう。そういった方は設置工事費が抑えられる屋内用を使用することをおすすめします。

また、ご自宅のテレビではなく車に搭載されているテレビ(車載テレビ)で「地デジ放送が途切れて困っている」といった方もいるかもしれません。その場合は、車載用のチューナーを取り付けるとよいでしょう。

ブースターの選び方のポイント【利得・BSCS対応】など

ご紹介した3種類のブースターのなかにも、機能が異なるさまざまな種類があります。設置場所や対応する電波だけでなく、購入の際に注目しておきたいポイントについて解説しますので、ぜひ参考にしてください。

1. 雑音指数が少ないものを選ぶ

ブースターの効果・注意点は?

雑音指数は、電波受信した信号がノイズの影響をどれくらい受けているのかを表しているもので、雑音指数はNFと表記されている場合もあります。

数値が低いものほど影響を受けにくいことを表しているので、電波をきれいに受信するために数値が低いものを探してみましょう。

2. 電波を大きくする能力(利得)が高いものを選ぶ

利得はGain(ゲイン)とも呼ばれ、電波の放射する方向と放射の強さの関係を表すアンテナの特性のことをいいます。dB(デシベル)という単位で表記されていて、数値が大きいものほど能力は大きいです。

ただし、ただ数値が大きければよいというものではありません。受信したい電波によって適したレベルがあります。

近年は、電波状況などにあわせて自動調節可能なブースターも販売されていますので、数値を見極めるのが難しいと感じる場合は、自動調節機能のついたものを選びましょう。

3. 定格出力の数値が大きいものを選ぶ

ブースターの最大出力レベルを定格出力と呼び、定格出力範囲を超える電波を受信してしまうと、テレビの映像が乱れたり映らなかったりする不具合が起きます。

映像の乱れなどの不具合を防ぐためには、ブースターの定格出力数が大きいものを選び、上限に余裕を持たせておくのがおすすめです。

ブースターを設置方法

ブースターの効果を得るためには、適切な場所に設置することも大切です。分配器やケーブルの近くは雑音が含まれる可能性が高い場所なので、設置場所として不向きでしょう。

もっとも効果を発揮するブースターの設置場所はアンテナ直下です。屋外用のブースターは、雨風にさらされても大丈夫な防水タイプの商品を購入してアンテナ直下に取り付けましょう。

このとき、電波を受信する部分に近すぎるのは雑音まで受信する原因になるので、電波を受信する部分から1m以上距離を開けて取り付けるのがポイントです。

ただし、アンテナが屋根の上に設置されている場合は、はしごなどを使って屋根に上がらなくてはなりません。足を滑らせて落下するなどの危険性があるので、屋根上のアンテナにブースターが必要な場合は、業者に設置を依頼することをおすすめします。

屋内用は、コンセントにプラグを差し込んでアンテナケーブルを接続するだけです。商品によって細かいつなぎ方や使用するケーブルの種類などは異なるので、取扱説明書をよく読んで設置しましょう。

必要なブースターの判断や設置はプロに任せるのが安心!

ここまでのご紹介で、ブースターがどのような場合に必要か、どんなものが効果の高いものかはご理解いただけたのではないでしょうか。

しかし、ブースターの必要性や種類がわかっても、自分に適したものがどれなのかわからないという方もいるかもしれません。

また、ブースターを設置しても映像が乱れたり映らなかったりするトラブルが解消されないというケースもあるでしょう。

上記のような場合は、素人判断で今以上の手を加えないのがおすすめです。あれこれいじってしまったことで、かえって状況が悪化する危険性があります。

アンテナ設置や修理、アンテナ周辺機器のトラブル対処に応じている業者に相談して、適したブースターを設置してもらうか、不具合のある場所を修理してもらいましょう。

まとめ

ブースターの役割は電波を増幅するというシンプルなものですが、テレビの視聴には欠かせないものです。複数のテレビを使用しない場合でも、住んでいる環境によってはブースターの設置が必要な場合が多いようです。

しかし、さまざまなメーカーがいろいろなタイプの製品を出しています。ブースターを選ぶ際は、電波受信環境に適切な種類を選ぶ必要があるため、どのような選び方が正しいとは一概には言い切れないのが難しいところでしょう。

また、ブースターは設置によって電波強度を上げることが可能ですが、電波は強すぎても弱すぎても視聴の妨げとなってしまうため、自分で選ぶのが難しいと感じるかもしれません。

さらに、たとえブースターを選ぶことができても、設置する場所が適切でないとブースターの効果を十分に発揮することができません。

ここまで細かく説明してきましたが、ご覧の通りブースターの適切な設置には使用帯域や利得(dBμ)についてのことなど専門的な知識が必要となる場面が多いです。そのため、ブースターの設置が必要なのかどうか、どのようなタイプが適切なのか、プロの判断に任せるのが安心といえるでしょう。

【アンテナの周辺機器に関する記事はこちら】

【テレビアンテナ設置】分配器で複数のテレビが視聴可能!接続方法も
地デジブースターの選び方を詳しく解説!設置のコツまで網羅しました
テレビの【アンテナケーブルの種類】便利な機器・接続方法も大紹介
アンテナ分波器でテレビを見やすく!役割や分配器・分岐器との違い
アンテナケーブルの種類をわかりやすく!用途別の特徴を網羅しました

テレビアンテナの取り付け・工事ならアンテナ110番にお任せ!
通話
無料
0120-949-337 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!

利用規約プライバシーポリシー

CM

メディア情報

メディア情報写真

日本経済新聞2020/2/25 掲載

「NEXT1000」5位選出 専門業者とマッチング

KBC九州朝日放送2019/5/21 放送

FOR YOU

テレビ朝日2019/5/7 放送

ワイドスクランブル

日経産業新聞2019/3/26 掲載

「困りごと解決-140種対応「アマゾン」目指す、個人同士の基盤作りも」

読売テレビ2018/9/19 放送

かんさい情報ネットten.

BSジャパン2018/8/16 放送

日経プラス10

テレビ番組や新聞に当社事業やサービスについて取り上げられました。

  • 無料お見積りの依頼
  • 無料お見積りで何するの?

選ばれる3つの理由

  • よくあるご質問
  • 新着お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 料金のご案内
  • お急ぎの方へ

即日対応可能です!お見積り後のキャンセルも可能!

24時間365日、日本全国受付対応中!通話料無料、携帯電話・PHSもOK! 0120-949-337

設置 地デジ・BS・CSのアンテナを設置したい、交換 デザインアンテナに変えたいなど、修理 映らなくなった・壊れたなど

※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積りに費用をいただく場合がございます。