アンテナ設置かケーブルテレビ、コスパがいいのは

アンテナとケーブルのコスト比較・視聴方法の違い

 

ご家庭でテレビを視聴するには、アンテナ端子にL型プラグかF型プラグのアンテナ線を挿す必要がありますが、それだけではテレビは映りません。テレビアンテナを建てるかインターネットと一緒にケーブルテレビを申し込まなければテレビを視聴することはできません。

 

費用はもちろん特徴やサービスも違うため、契約するときは慎重に選びたいものです。

 

そのためにはテレビアンテナとケーブルテレビそれぞれの特徴について知っておき、どちらが自分に合っているかを見極める必要があります。ここでは、それぞれの特徴やメリットとデメリットについてだけでなく、初期費用やランニングコストの比較や、選ぶうえでの気づきにくい注意点などについて説明します。

 

 

目次

 

テレビアンテナとケーブルテレビの違い

レビアンテとケーブルテレビの違い

 

テレビを視聴するための手段として、テレビアンテナとケーブルテレビというものがあります。どちらもテレビを視聴できるものですが、それぞれ特徴がありメリットとデメリットがあります。

ここではそれぞれどのような違いがあるのかをご紹介します。

 

アンテナのメリット・デメリット

アンテナは、家の屋根などに設置して、電波を受信し地デジやBSなどの番組を見られるようにするものです。

 

メリット

必要なのは初期費用のみで、その後は無料で使える

アンテナを取り付ける際の初期工事費用はかかりますが、その後 長く使うほどお得になってきます。

 

20年ほどは使用できる

わずらわしいサービス乗換えやプラン変更などもなく 長く使えます。

 

番組の録画が簡単  

アンテナの場合は、DVDレコーダーや録画機能付きの ブルーレイディスクプレーヤーなどを用意するだけで  録画できます。

 

 

デメリット

外観を損ねる場合がある

アンテナは屋根やベランダ、壁など外から 見えやすい場所に設置するため、家の外観を  損ねる場合があります。

最近では UHFアンテナだけでなく、サイズの小さい フラットタイプの商品も出てきているので、気になる方は そちらを使ってみるのもいいでしょう。

 

強風などの天候に弱い

外に設置されているため、台風などの強風に弱く、風で 飛んできたものによって破損してしまう場合があります。

また、立地や天候によっては  アンテナレベルが下がってしまうこともあります。  ご家庭によってはアンテナを屋根裏に設置している方もいます。

その場合は部屋に置くことで天候による破損の 危険性はなくなります。

 

インターネット回線は別で契約が必要

テレビアンテナはテレビのみのアンテナであるため、インターネットに 接続したいときには別で機器を設置する必要があります。

 

アンテナとは別の機器が必要な場合もある

立地などの条件によりアンテナレベルが低い場合には ブースターという電波の増幅器を 利用しなければならない場合もあります。

 

ケーブルテレビ

ケーブルテレビはインターネットと一緒に契約し、地デジやBSなどの番組を見られるようにするものです。そのためアンテナを設置する必要がありません。

 

メリット

アンテナがいらないためアンテナ設置の費用がかからない

ケーブルテレビも初期費用自体はかかりますが、アンテナを 設置するよりも初期費用を抑えることができます。

 

インターネットと一緒に導入できる

ケーブルテレビはインターネット経由でテレビを 視聴する方法であるため、インターネットを別で 契約する必要がありません。

 

外観を損なわない

ケーブルテレビは家の外へ取り付ける機器がないため 外観を損ねることがありません。

 

 

天候に左右されない

家の中で配線するため台風などの天候に左右されず テレビを視聴することができます。

 

 

デメリット

ネットの回線速度が遅い

ケーブルテレビの場合はインターネットにおいて 主流となっている光回線を利用していないため、一般的な ネット回線に比べて回線速度が遅いです。

 

月額料金がかかる

アンテナに比べ初期費用が抑えられる代わりに、月額料金が かかります。 業者の契約プランによって料金はさまざまですが 長く使えば使うほどアンテナよりも高額になります。

 

 

テレビアンテナとケーブルテレビのコスト比較

テレビアンテナとケーブルテレビのコスト比較

 

それぞれの異なる特徴と、メリットとデメリットをご紹介しました。ここではテレビアンテナとケーブルテレビの初期費用とランニングコストについて比較していきます。

 

初期費用

テレビアンテナの設置にかかる初期費用は種類によって変わります。お住まいの地域の電波状況など条件や新品か中古のどちらを使用するかなどによっても金額は左右されます。

 

ケーブルテレビの初期費用は比較的安いようですが、こちらもどの業者のプランに契約するか、新規の申し込みであるかなどの条件によって左右されます。初期費用を比べると、ケーブルテレビのほうが安く済ませられることがわかります。

 

ランニングコスト

テレビアンテナは、初期費用さえ払ってしまえば20年ほどはメンテナンスなども無く使い続けることができます。そのため災害による破損など特別な理由がない限りは、およそ20年は無料で使うことができます。初期費用を20年分で割ると、年間にかかる費用は低めです。

 

修理が必要となった場合のみ修理費がかかります。 ケーブルテレビの場合は初期費用に加え月額料金が発生します。月額料金は契約会社により変わってきます。年間でかかる費用はテレビアンテナよりも高い場合が多いです。しかしこの費用はインターネット回線の値段も含まれているため、一概に高いとは言えません。

 

ランニングコストは、圧倒的にテレビアンテナのほうが安いです。ただしケーブルテレビの費用にはインターネット回線の費用も含まれています。

 

インターネットの回線が要らないというご家庭は減ってきていると思います。テレビアンテナの初期費用に加え、別契約のインターネット回線の費用も合計すると、テレビアンテナのほうが安いとは言い切れません。インターネットの利用頻度などを考え、どちらにするかを選択する必要があります。

 

テレビアンテナ・ケーブルテレビの選び方

テレビアンテナ・ケーブルテレビの選び方

 

初期費用、月額などを総合的に比べると、必ずどちらが安いと言い切ることはできません。そのためどちらを選んでもそう変わらないと思う人も多いと思います。しかし、便利なサービスの裏には可視化されないコストが隠れています。

 

ここではテレビアンテナかケーブルテレビを選ぶうえで注意すべきポイントをご紹介します。

 

可視化されないコストに注目する

しかし、可視化されないコストに注意する必要があります。テレビアンテナとケーブルテレビを比べる場合に注意したいポイントが2つあります。

 

インターネットの契約にはどんどん新しいプランが登場する

豊富なチャンネル数をきちんと利用できているか

 

まず1つ目はインターネットの契約についてです。

インターネット契約における選択肢の多くは、ケーブルテレビのように回線を引くか、光回線を別で契約するかのどちらかでした。

 

しかし近年では自宅に光回線を引かずにモバイルWi-Fiを契約すればインターネットを利用することができるようになりました。

モバイルWi-Fiには使用量の制限などのデメリットはありますが、今後どのような環境になっていくかはわかりません。

 

また、光回線にもさまざまなプランがあり、自分に合ったプランが見つかるかもしれません。

 

インターネットの契約を含んでケーブルテレビを契約すると、インターネットを解約し別で申し込みたいと思った時にテレビも別で契約しなおす必要が出てきます。

インターネットをやめ、テレビを契約しなおせばアンテナの設置の費用がかかってしまいます。

 

また、ケーブルテレビの場合は2年ごとの契約をしている場合がほとんどなため、適切なタイミングで解約しないと違約金が発生することもあります。

 

チャンネル数

次に、ケーブルテレビの豊富なチャンネル数についてです。ケーブルテレビにはさまざまな種類のチャンネルがついてくるため、利用する人にはとてもうれしいサービスです。

 

しかし、その豊富なチャンネルの中でも自分の見たいものは別の有料チャンネルでしか見られなかったという場合や自分の趣味が変わり見なくなったという場合でも、有料チャンネルとして契約しているわけではないため見ないチャンネルのみ解約するということができません。

 

また、ケーブルテレビごとやめるとなるとインターネットの契約をしなおし、テレビアンテナの設置費用が必要になります。

 

以上の2点をあらかじめ理解したうえで使用しないと、自分には必要のないサービスの費用も払っていたということになるかもしれません

 

基本的にはテレビアンテナがおすすめ

インターネットとテレビを一緒に契約することによるデメリットはいくつもあります。そのため、インターネットの契約は自分に合ったものを別で選び、テレビはテレビアンテナを利用することをおすすめします。

 

しかし、テレビアンテナを利用すると、電波受信の関係で地方のローカル番組を見られないことが多くあります。

移ったとしても天候によっては綺麗に見られないということもあります。

 

地方のローカル番組を見たいという方は、ケーブルテレビを検討してみましょう。

 

 

まとめ

アンテナテレビは初期費用こそかかるが長い間無料で使用することができる。

ケーブルテレビは初期費用は安いが月額使用料がかかる

自分に合ったインターネットプランを選び、必要のない 有料チャンネルを利用しないことで費用を抑えられる。

ケーブルテレビでしか見られないチャンネルもある

 

 このようにどちらにもそれぞれメリットがあるため、単純な費用だけで比べることはせず、どちらが自分に一番合っているのかを考えて選択することが大切です。

通話料無料!携帯電話 PHSもOK!

0120-949-337

24時間365日、日本全国受付対応中!

  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

日経ニュースプラス10

「日経ニュースプラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

  • 無料お見積りの依頼
  • 無料お見積りで何するの?

選ばれる3つの理由

  • よくあるご質問
  • 新着お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 料金のご案内
  • お急ぎの方へ

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます

※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

お電話1本で駆けつけます! 現地調査・お見積り無料

24時間365日、日本全国受付対応中!通話料無料、携帯電話・PHSもOK! 0120-949-337

設置 地デジ・BS・CSのアンテナを設置したい、交換 デザインアンテナに変えたいなど、修理 映らなくなった・壊れたなど

※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積りに費用をいただく場合がございます。