定番から最新技術まで、アンテナの種類を
まとめてチェック!

私たちがテレビ番組を見るために、必要不可欠となるのがテレビアンテナです。
ケーブルテレビを選択していない場合、多くの人はアンテナを設置し、無線でテレビを見ています。一口に「アンテナ」と言ってもその種類はいくつもあり、アンテナとレーダーに違いがあるように、目的や環境に合わせて設置しなければテレビは見られません。
例えば、地上デジタル放送用のアンテナでは、110度CS放送を視聴することはできないのです。
形状や用途に合わせて、アンテナの種類を紹介していきます。

定番から最新技術まで、アンテナの種類を	まとめてチェック!

形状で見るアンテナの種類

形状で見るアンテナの種類

「アンテナ」と聞いて、皆様はどのようなアンテナを想像されるでしょうか。フラット型やお皿型、車載用なら4×4というものもあります。
それぞれのアンテナ製品は種別によって、仕組みも違えば機能も違います。アンテナは受信設備。その形状や設計によって受信の仕組みも大きく異なるのが特徴なのです。
もしも無線機器を購入される場合は、技適マークの有無を目安にすると良いでしょう。

  • 【八木式アンテナ】

    魚の骨のような形の「素子」という部分を使って受け取る電波を調節します。向きを指定できる指向性のアンテナであり、向きや素子の本数を調節することで遠距離からの受信も可能です。

  • 【パラボラアンテナ】

    別名「ディッシュアンテナ」とも呼ばれる、お皿の形をしたリフレクタと腕のようなコンバーターアームを持つアンテナです。
    衛星放送を受信するための家庭用のパラボラアンテナは小型ですが、通信衛星と直接送受信を行う物は直径数十メートルにも達します。

  • 【ボックスアンテナ】

    八木式アンテナと同様に、テレビ放送の受信に用いられます。ボックスタイプは設置やメンテナンスが容易というメリットがあります。

  • 【ダイポールアンテナ】

    直訳すれば「2極のアンテナ」となります。最も構造がシンプルなアンテナと言われており、アマチュア無線用のアンテナとして自作されることも多いです。

  • 【ロングワイヤーアンテナ】

    その名の通り長いワイヤーを使用したアンテナで、主に長波から短波に利用されます。

  • 【モービルホイップアンテナ】

    車載用の無指向性の単一型(棒状)アンテナです。設置場所の自由さが特徴ですが、その反面、ノイズを拾いやすいという欠点もあります。ノンラジアルの物は、アース効果の不安定さを解消してくれます。逆に、グランドプレーンアンテナの場合はラジアルが必須となります。

  • 【ループアンテナ】

    導線を環状に巻いたアンテナで、その長さは1波長とするのが基本の構造です。

  • 【広帯域受信機】

    幅広い電波を聞くことができる機器で、盗聴器の発見にも利用されています。

※よく似た形に注意しましょう

アンテナの中には、構造は似ているものの原理が異なるアンテナもあります。その一つが、八木式アンテナとログペリアンテナ(対数周期)です。多数の素子を持つ形状、強い指向性がある、周波数帯域が広いなど共通点があります。しかし原理は異なり、ログペリアンテナは主に航空用や、自衛隊の通信に用いられます。

ページトップへ

設置場所に合わせたアンテナ選び

設置場所に合わせたアンテナ選び

アンテナは、その構造や素材によっても機能が異なります。しかし、アンテナ選びのポイントはそれだけではありません。
屋内に設置されることもあるアンテナですが、基本的にアンテナの本体は屋外に設置されています。それだけに、風雨に耐えられる強度や、見栄えの良さも求められます。
アンテナの材質やサイズも無視できません。アンテナを設置する際は、アンテナその物の選択や設置場所の工夫をよく検討するようにしましょう。

  • 戸建住宅に設置する場合

    戸建住宅に設置する場合

    まずは、ご自宅の電界強度を調べましょう。もしも電波の受信状況が悪い場合、その地域は電波の増幅が必要なブースター地域かもしれませんので、より高感度のアンテナを選びましょう。ボックス型アンテナや激安製品などは、テレビ映りが悪くなってしまうおそれがあります。
    また、亜鉛メッキ仕様のアンテナもおすすめです。亜鉛ドブメッキを施すことによって、長期間にわたって錆止めの効果を発揮します。アンテナの取り付け金具であるクロスマウントも、スチール製よりステンレス製クロスマウントにすると良いでしょう。さらにアンテナケーブルをネジ式にすると、接触不良も起きにくくより安心です。

  • 集合住宅に設置する場合

    集合住宅に設置する場合

    集合住宅では共同のアンテナを設置していることもありますが、各お部屋でアンテナを設置するケースもあります。その場合ベランダに設置することになりますが、その時に便利なのが、壁面専用のアンテナです。壁面用のアンテナは八木式アンテナと比較して、小型かつ軽量です。そのため、マンションのように限られたスペースでも設置が容易なのです。
    BS・CSアンテナや電源分離型のブースターは通電が必要ですが、共同の通信システムが用意されている場合は個人での対策は不要です。

  • 特定の環境下で効果を発揮するアンテナ

    特定の環境下で効果を発揮するアンテナ

    アンテナには、特定の環境下に強い物もあります。あまり有名ではないかもしれませんが、下に列挙いたします。

    • 【レドーム】

      「レーダー」と「ドーム」を合わせた言葉で、風雨や直射日光からアンテナを守ります。塩害対策にも力を発揮します。

    • 【パラスタックアンテナ】

      八木式アンテナより利得が高く、電界強度が弱い地域に強いです。その反面価格は高く、強度が高い場所では逆にテレビ映りが悪くなります。

    • 【電波障害改善用アンテナ】

      建造物、鉄塔、電線などによる電波障害を改善します。

  • 耐用年数にも注目

    耐用年数にも注目

    アンテナも経年変化は避けられず、劣化が進めば電波の受信機としての役割を果たせなくなってしまいます。
    また、アンテナを支える支柱やワイヤーなどが劣化すれば、アンテナは自重に耐えられずに落下することもあります。アンテナにも耐用年数というものはありますが、それよりも早く寿命を迎えてしまうかもしれません。長くアンテナを使用できるように、アンテナの種類と設置状況を確認しておきましょう。

ページトップへ

これもアンテナ?個性豊かなアンテナたち

これもアンテナ?個性豊かなアンテナたち

アンテナ設置において重要なのは電波の受信環境ですが、それが十分に満たされている場合、アンテナの選択肢はさらに広がります。中には普段あまり目にする機会の無いアンテナもありますので、アンテナ交換の際はお調べになってみると面白いかもしれません。

  • 【屋根裏設置】

    アンテナ本体ではなく、設置方法が特殊なケースです。屋内に設置されるため劣化が緩やかになり、ルーフタワーのような基礎工事も必要ないため、調整が容易です。
    ただし屋根裏はスペースの確保が難しく、電波の受信レベルが下がるおそれもあります。

  • 【壁面用アンテナ】

    近年注目されるアンテナで、デザイン性の高さと、設置の容易さが特徴になっています。
    アンテナの位置が低く、受信感度が低下しやすい欠点もありますが、徐々に改善されてきています。

  • 【デザインアンテナ】

    おしゃれに特化したアンテナで、時には壁面用アンテナと同一視されることもあります。壁面に合わせてオレンジに着色するなど、奇抜なデザインを施している製品もあります。

ページトップへ

まとめ

このようにアンテナには様々な種類が存在し、その製品ごとに特長があります。
しかしアンテナの構造や用語には素人ではわからない物も多く、実際の選択肢は知らず知らずのうちに狭まっていることでしょう。本当に適したアンテナを選択するためには、豊富な知識を持つ業者の方と相談するのが良いのです。
アンテナに関する疑問点を、わかりやすく説明してくれるのでしょう。

通話料無料!携帯電話 PHSもOK!

0120-949-337

24時間365日、日本全国受付対応中!

  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

日経ニュースプラス10

「日経ニュースプラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

  • 無料お見積りの依頼
  • 無料お見積りで何するの?

選ばれる3つの理由

  • よくあるご質問
  • 新着お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 料金のご案内
  • お急ぎの方へ

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます

※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

お電話1本で駆けつけます! 現地調査・お見積り無料

24時間365日、日本全国受付対応中!通話料無料、携帯電話・PHSもOK! 0120-949-337

設置 地デジ・BS・CSのアンテナを設置したい、交換 デザインアンテナに変えたいなど、修理 映らなくなった・壊れたなど

※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。