2017.06.23更新

地デジブースターは我が家には必要?

アンテナ関連のことを調べていくと、分配器と同じくらい登場するのが【ブースター】という単語です。直訳すると後押しするもの、という意味。アンテナの付属品としては『増幅器』のことを指します。つまりテレビ信号を増幅することができるものです。
現在、ブースターを分配器と共に設置しているという方も多いのではないでしょうか?
これから地デジアンテナを設置するという方の中には、自分のところにはブースターが必要なのか?と判断に迷われているという方もいらっしゃると思います。できれば付属品などにお金をかけず、シンプルにアンテナだけでテレビを視聴したいですよね。今ページで少しブースターについて学び、アンテナを交換・新規設置する際の参考にしてください。



テレビ白黒

▼ブースターの設置が必要な場合とは?

■発信基地の電波が弱い場合
もともと発信基地の電波が弱い地域にお住まいの場合はブースターの設置が必要です。

■地デジの受信電波が弱くなったとき
特定チャンネルが視聴できなくなった、映りが悪くなったという症状がある場合、受信電波が弱いことで引き起こされているかもしれません。ブースターを利用することによって受信する電波を増幅し、きれいな映像を視聴できることがあります。

■複数台のテレビを使いたいとき
ご家庭で複数のテレビを視聴する際もブースターが必要になる場合があります。複数台のテレビを視聴するためには分配器を使用しなくてはいけませんが、それに合わせてブースターの設置も必要です。分配器で電波を分配すると弱くなってしまうからです、ブースターで電波を増幅させてこれを補うということですね。

■建物が受信の邪魔になっているとき
はじめは問題なく視聴できていたのに、近くに大型ビルが建ったらテレビ映りの調子が悪くなってしまったというケースも多いですが、この場合もブースターの設置を行うことにより解消できることがあります。


▼ブースターの効果・注意点は?

ブースターの効果が発揮されるのは次の場合です。

■分配器をつけたとき
先ほども少し触れましたが、複数台のテレビで視聴を行う場合に、各テレビに電波を分けるために分配器を使用する必要があります。
分配器を使用すると、電波が弱まってしまいます。電波を3つに分けたとすると、1台のテレビが受信する電波の強さが3分の1になるというイメージです。このように分配することによって足りなくなってしまった電波の値を、分配損失といいます。
この分配損失が生じることによって、必要な電波の強さを下回ってしまうと、テレビの映りが悪くなってしまうのです。テレビの性能が高くてもこれでは意味がありませんね。
ブッロクノイズが現れたり、E201エラーが表示されることもあります。
必要な電波の強さを維持させるために、地デジブースターの電波増幅が効果を発揮するのです。

■10メートル以上のアンテナケーブルを使うとき
電波は、分配する以外でも損失、つまり弱まってしまうことがあります。ケーブルを通して受信をする場合でも、ケーブル内において一定の電波の損失が起こっているのです。
10メートルを超えるアンテナケーブルが接続されていると、不具合が生じるようです。
10メートルあたり3dbのケーブル損失が発生するといわれているので、不具合がある場合にはどれぐらい電波が損失をしているのか概算することができます。
地デジブースターを使用すれば、損失している分を補える効果があります。


■注意点
ブースターは電波を増幅させるためのものだということは、ご理解いただけたかと思います。ブースターの効果を適切に得るためには、設置する場所が大切です。
アンテナの近くを選んで設置しましょう。
増幅させるものであるため、もし入力する電波そのものに雑音が含まれていたりすると、その雑音も増幅されてしまいます。雑音指数が高くなる場所にブースターを設置した場合に起こりやすいトラブルです。分配器の近くやケーブルの近くは、雑音が含まれる可能性が高い場所ですのでブースターの設置はそれ以外の場所に行いましょう。基本的にはアンテナに近い部分に設置することが大切です。
ブースターを設置したのに依然として、ブロックノイズやエラー表示が改善しない!そういうときには、設置場所が悪い可能性が高いです。
電波強度が高くても、雑音指数が大きければ快適な視聴ができないので注意してください。
地デジブースターが最も効果を発揮できるおすすめ位置は、アンテナの真下です。しかしその場合には、雨風にさらされても大丈夫な防水型の商品でなくてはなりません。
電波が弱いと視聴できなくなってしまうということをたくさんご説明してきましたが、実は強すぎてもダメになってしまいます。
弱い電波を増幅することによって視聴できるレベルまで強めてくれるブースターはとても便利ですが、電波状況が何らかの要因によって改善された場合は逆効果となってしまうわけです。近年は、電波状況にあわせて自動調節可能なブースターも販売されています。
知識が少なくても、使いやすいブースターを選ぶのがいいかもしれません。


▼ブースターにも屋内・屋外用がある!

多くの場合、電波の受信状態によって使い分けます。
屋内用ブースターは工事費を抑えやすいというメリットがあります。しかし、ブースターとしての効果は屋外ブースターに比べると劣ります。屋内用ブースターを使用する場合は、少しだけ補強したい場合に限られると覚えておいた方がよいでしょう。
受信電波が著しく弱い場合は、屋外用ブースターを選ぶ必要があるといえます。


▼ブースター選びのポイントは?

①雑音指数が少ないものを選ぶ
 雑音指数はNFとも表記されますので確認するようにしてみてください。
②電波を大きくする能力(利得)が高いものを選ぶ
 Gainとも表記されます。
③定格出力の数値が大きいものを選ぶ
④BSやCSに対応しているものかどうか

アンテナ写真

▼ブースターが必要かの判断・提案はプロにまかせる方が安心!

ブースターの役割は電波を増幅するというシンプルなものですが、テレビの視聴には欠かせないものです。複数のテレビを使用しない場合でも、住んでいる環境によってはブースターの設置が必要な場合が多いようです。
どのような選び方が正しいとは一概には言い切れないのが難しいところでしょう。
さまざまなメーカーがいろいろなタイプの製品を出しています。電波受信環境に適切なブースターを選ぶ必要があります。
また設置場所が適切でないと効果を発揮できません。
電波は強すぎても弱すぎても、視聴の妨げとなるので難しいですね。
ここまで細かく説明してきましたが、ご覧の通りブースターの適切な設置には使用帯域や利得(dBμ)についてのことなど専門的な知識が必要となる場面が多いです。
ブースターの設置が必要なのかどうか、どのようなタイプが適切なのか、プロの判断にまかせるのが安心といえるでしょう。


まとめ

・ブースターは電波を増幅させるための機械
・ブースターの設置場所はアンテナの近くが基本
・電波は強すぎても弱すぎても視聴を妨げる
・テレビ一台でもブースターが必要な場合があるため判断はプロにおまかせが安心

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!

通話料無料!携帯電話 PHSもOK!

0120-949-337

24時間365日、日本全国受付対応中!

  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

日経ニュースプラス10

「日経ニュースプラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

  • 無料お見積りの依頼
  • 無料お見積りで何するの?

選ばれる3つの理由

  • よくあるご質問
  • 新着お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 料金のご案内
  • お急ぎの方へ

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます

※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

お電話1本で駆けつけます! 現地調査・お見積り無料

24時間365日、日本全国受付対応中!通話料無料、携帯電話・PHSもOK! 0120-949-337

設置 地デジ・BS・CSのアンテナを設置したい、交換 デザインアンテナに変えたいなど、修理 映らなくなった・壊れたなど

※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。