2015.09.22更新

アンテナの形状の違い

屋根の上やベランダに付いているテレビのアンテナですが、形の違うものが幾つかく組み合わせられていることにお気づきでしょうか?

実は、私達が普段見ているテレビには地上デジタル放送と、衛星放送の大きく分けて2種類が存在しているので、アンテナの形状の違いはその違いなのです。

今回は、アンテナの形状の違いによる設置方法などの違いについてご紹介します。

・細い棒が組み合わされたようなアンテナ→八木アンテナ

八木アンテナは、地上デジタル放送の前、アナログ放送でも使われていたアンテナです。形状は似ていますが、地上デジタル放送用のものとアナログ放送用のものでは受信できる電波が異なりますので、別のアンテナになったのです。 細い棒を組み合わせていて魚の骨のような見た目が特徴的です。 ちなみに、地上デジタル放送が開始された直後は、アナログ放送も同時に放送されていたため、今でもアナログ放送用のアンテナと地上デジタル放送用のアンテナが一緒に取り付けられている場合があります。 基本的に屋根の上など高いところに、更にマストを立てて設置され、パラボラアンテナなども一緒に設置されることが多いです。

・中華鍋のような形をしたアンテナ→パラボラアンテナ

中華鍋をひっくり返したような形をしているアンテナは、パラボラアンテナといいます。このアンテナは地表から約3万6千kmという高いところに浮かんでいる人工衛星からの電波を受信するためのアンテナです。 日本では、南側に開けた場所に斜め40度くらいに傾けて設置されています。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!

通話料無料!携帯電話 PHSもOK!

0120-949-337

24時間365日、日本全国受付対応中!

  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

日経ニュースプラス10

「日経ニュースプラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

  • 無料お見積りの依頼
  • 無料お見積りで何するの?

選ばれる3つの理由

  • よくあるご質問
  • 新着お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 料金のご案内
  • お急ぎの方へ

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます

※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

お電話1本で駆けつけます! 現地調査・お見積り無料

24時間365日、日本全国受付対応中!通話料無料、携帯電話・PHSもOK! 0120-949-337

設置 地デジ・BS・CSのアンテナを設置したい、交換 デザインアンテナに変えたいなど、修理 映らなくなった・壊れたなど

※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。