地デジアンテナってどんなもの?
設置時の注意を確認しよう。

昨今はハイビジョンテレビ、薄型の液晶テレビや4Kテレビなどの各種テレビがアナログテレビに代わって普及し、テレビ鑑賞は暮らしの娯楽として今や欠かせないものになっています。
そんな中、地上アナログ放送が終了し地上デジタル放送への移行が行われましたが、それに伴って地デジアンテナの設置を新たに検討されている方もまだまだ多いようです。
地上波デジタル放送のことを略して「地デジ」と呼びますが、これからその地デジアンテナの設置方法と、注意したいトラブルについてご紹介していきます。

地デジアンテナってどんなもの?設置時の注意を確認しよう。

地デジ放送の特徴とその他の形式の違いは?

地デジ放送の特徴とその他の形式の違いは?

地デジの電波を受信するために戸建て住宅やマンションのベランダにテレビアンテナが設置されているのを見かけることも多くなりました。
まずはそれらについてお話する前に、地デジ放送の特徴を地デジ以外の形式と比べて確認していきましょう。地デジ放送以外には一体どのようなものがあり、それらと地デジではどういった点が違うのでしょうか。

地デジ以外の方式

  • 【衛星放送】

    BS用やCS用の90cmパラボラアンテナを設置して上空の人工衛星から受信します。

    • 地上の遮断物による座標系の影響を受けにくい
    • 衛星放送の電波と地デジ電波と混合して、両方の放送を同じテレビで視ることも可能
  • 【ケーブルテレビ】

    ケーブル(有線)を建物につないで使用します。

    • アンテナ設置不要で視聴することが可能
    • 地上波だけでなく、映画やスポーツなどの専門チャンネルの取扱も豊富
  • 【光テレビ】

    テレビに光回線をつないで利用します。

    • ハイビジョン放送にも対応
    • 利用料金が期間毎に一定額なため、ランニングコストの把握が容易
※ケーブルテレビと光テレビは共通した特徴もあるが、衛星放送に対応している点などに違いがあります。

地上デジタル放送

  • 【地デジ電波】

    • アナログ放送と同じく、地上にある送信塔から発信される。
    • 送信塔との位置関係から、受信場所によって電波環境が異なる。
    • アンテナで受信し地デジ電波を無線LANでパソコンなどに送ることもできる。
  • 【使用されるアンテナ】

    • 鹿の角のような形の八木アンテナ、平面タイプ、各種デザインアンテナなど多彩な形状がある。
  • 【地デジ放送の利点】

    • テレビ放送に加えてニュースなどのデータ放送が発信されている。
    • インターネットとの連携が行われやすい。
    • 電波環境によってはアンテナを屋内の屋根裏などに取付けても視聴できる。

ページトップへ

地デジアンテナの設置準備をしよう

地上デジタル放送の特徴についてお話してきましたが、それに合わせて受信アンテナを設置するには事前に準備することもあります。
快適にテレビを視るためには最適な地デジアンテナの設置方法を知っておく必要がある他、室内の設備などを確認しておくことも重要ですので、特に下に紹介する項目はアンテナ工事を行う前にチェックしておきましょう。

地デジ電波の状況を確認

地デジ電波の状況を確認

地デジ電波の受信状態は、電波塔との方位角や、受信地域との距離によって各世帯で違います。地面からの高さなどアンテナ設置の条件となる要素はしっかり確認しておきましょう。
また、その際は近隣に高層マンションなどの建築予定があればアンテナ設置箇所を変更する、雨の影響が心配な気候環境なら劣化に強いステンレス素材のアンテナを検討するなど、住いの環境に合わせた十分な準備が必要です。

設置環境の準備

設置環境の準備

アンテナの他、地デジ放送を視るためには次のような設備を用いた環境整備を行いましょう。

  • 【アンテナケーブル】

    アンテナからテレビ画面まで、受信した電波を送信するために使用するケーブル。電気配線とは別に準備が必要です。また、テレビへの配線は無線LANで省略することも可能。

  • 【分配器】

    住まいに2台以上テレビがある世帯では、この分配器に接続してアンテナから受信した電波をそれぞれのテレビに振り分けます。

  • 【ブースター】

    テレビ信号の受信レベルに心配がある場合にはブースター(増幅器)の設置を考えなければいけません。業者の電波調査を利用して適切な対処を行いましょう。

この他にも、テレビ周りのコンセントなどの、追加機器の希望があれば、業者やテレビ専門の機材店などに相談して必要な機器を調べておきましょう。

ページトップへ

快適にテレビを視るためには、正しい取り付けを
行うことが重要です

快適にテレビを視るためには、正しい取り付けを行うことが重要です

地デジテレビ放送は事前の綿密な準備とともに、適切なアンテナ設置を行わなければ快適な状態で視聴することはできません。
特に引越しや新築時などに地デジテレビのアンテナを自力で設置しようとすると、電波塔の方角確認や取付け方向の調整が上手くできず、感度不足から地上放送が映らなくなる他、場合によっては思わぬトラブルや事故を引き起こすこともあります。
下に紹介するような代表的な事例には十分注意しておきましょう。

アンテナ設置に関するトラブル

  • 強度不足

    強度不足

    アンテナ設置時の強打が足りないと、台風や強風の影響で破損したり、アンテナの向きが変わってしまう原因となります。また、屋根上の設置などでは耐荷重を越えた取付けによって接合部分が破損することもあります。

  • 配線などの不備

    配線などの不備

    配線に不備があると、テレビが映らない、または部屋によって状態が違うといったことが起こります。アンテナから分配器、分配器から各部屋への配線など、すべての配線を適切に行う必要があります。

  • 設置箇所の誤り

    設置箇所の誤り

    地デジアンテナを屋根裏や室内の閉所に設置した場合、後からの増設やテレビの配線を抜くなどの作業ができなくなってしまう恐れがあります。十分な受信可能得エリアへの設置であっても、スペースに余裕が持てるかどうかを確認しましょう。

  • 自力設置時の事故

    自力設置時の事故

    アンテナを自分で設置される方も時折見られますが、正しい知識がない上に慣れていない工事では、受信感度の確認なども難しいだけでなく、屋根から足を踏み外し大怪我をしてしまったり、住まいを破損させてしまうこともあります。

  • 関係各所への問題

    関係各所への問題

    アンテナを設置する際は設置位置に配慮しないと、近隣の敷地内に自宅のアンテナが入り込むなどのトラブルに繋がることがあります。また、マンションなど賃貸物件では、設置工事の許可、費用負担といった点も必ず貸主に確認しましょう。

こうした地デジアンテナの設置に伴うトラブルはDIYとして自分で設置工事を行った際に起きやすいようです。
水平器なしのテレビアンテナ設置、100均グッズでの補強、電波の強度を高めようとアンテナを2本取付けるといった工事は、アンテナの破損や電波の相殺といった問題に繋がり、何より高所作業などの危険を伴うこともあるので可能な限り避けましょう。

ページトップへ

まとめ

ご紹介したように、地デジアンテナの設置には地デジ放送特有の条件があり、それらに注意を払ってアンテナを設置する必要があります。
幸い今では多くの工事業者で地デジアンテナの取扱実績が増えていて、ノイズ除去などに関する対策もケースに合わせて様々な方法を検討してくれますから、少しでも心配があればそうした業者に相談するなどして、確実で快適な地デジアンテナの設置を行いましょう。

通話料無料!携帯電話 PHSもOK!

0120-949-337

24時間365日、日本全国受付対応中!

  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

日経ニュースプラス10

「日経ニュースプラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

  • 無料お見積りの依頼
  • 無料お見積りで何するの?

選ばれる3つの理由

  • よくあるご質問
  • 新着お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 料金のご案内
  • お急ぎの方へ

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます

※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

お電話1本で駆けつけます! 現地調査・お見積り無料

24時間365日、日本全国受付対応中!通話料無料、携帯電話・PHSもOK! 0120-949-337

設置 地デジ・BS・CSのアンテナを設置したい、交換 デザインアンテナに変えたいなど、修理 映らなくなった・壊れたなど

※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。